EV軽トラとトラクションコントロール

降ったものだから、ついつい遊んでしまったのでした。

エンジン車のように車輪の回転を知るための特別なセンサーを付ける必要もなく、車輪に生じるトルクの変動の把握と変更が比較的容易で、エンジン駆動の車両と比べ入出力の応答が速い、しかも変更はプログラム上だけでできてしまうことなどから、新しく手に入れたクルマは、軽トラックのくせにかなり優秀なトラクションコントロールが付いていたりするのでした。
2駆だけど、果たしてEV(=電気自動車)の場合、積雪路でどのくらいの能力を発揮してくれるのか? 試してみたいと思っていたところだったのでした。
(他にも面白いことがたくさんある最高のオモチャなのですが、今回は雪が降ったのでまずはこのあたりの話から!)。

普通の登り坂であれば、後輪だけの2輪駆動だけど、とりあえず普通に走れました。上の写真くらいの坂であれば、ゼロ発進も問題ありません。このくらいの積雪になるとエンジン車の場合、ペダル操作が荒いとホイールスピンして雪を固めスタックしてしまうことがあるのですが、この軽トラの場合はかなり荒くアクセルペダルを操作しても、派手にホイールスピンするようなことはありませんでした。
じゃあ、どのくらいの坂道までいけるのか? 試してみたところ、下の写真の坂くらいだったら、途中で止まらなければ走り抜けることは可能。

ただしこの坂の途中で止まってしまったら、リスタートすることはできませんでした。
リスタートどころか、止まっていることもできませんでした。アクセルペダルをかなりていねいに踏んでもホイールスピンしてしまい、その後、ブレーキを踏んだらタイヤはロックしたまま坂道を後ろ向きに傾斜がゆるくなるところまで滑り落ちてしまいました。ブレーキがかかるのは、2駆も4躯も4輪にかかることは同じなわけで、たぶんこれは4躯のエンジン車でも同じであるように思われます。

でも、実はこのトラクションコントロールとEVの組み合わせ、驚かされたのは雪道ではなく、乾いた舗装道路でのことでした。
ドライブレンジをいつもの「E」から「D」に切り替え、ゼロスタートと同時に全開でペダルを踏むとモーターならではトルクとトラクションコントロールによって軽トラであることが信じられないような恐るべき加速をするのです。
モーターなのでオートマのような途中のシフトショックもなしで最高速まで。しかもこれはバックも同じで、超高速で走るフォークリフトのような危険な走行が可能だったりします。

いつかはEV軽トラを……と密かに狙っていたのに、突然「製造中止!」と聞いて、慌ててディーラーに電話し、新車の見積もりをお願いしたのだけど、わが家の経済状況では新車はやっぱり買える値段ではなくて、意気消沈していたところに格安の中古車の情報が入ってきて、手に入れることになった、というのがことの次第なのですが「よくぞ、こんなEVケットラを作ってくれた!」とヒザを叩きたくなるようことがたくさんあって、予想以上に楽しませてもらっています。
ただ、再生可能エネルギーを使って充電し、蓄えた電気を使って暮らすという当初の夢は、意外と難しくて(お金をかけることができるのであれば簡単なのですが)、いまいろいろと画策&実験中。今後、このブログでもときどき紹介させてもらおうと思っています。軽トラEV「虫草(農園)号」、どうぞ4649。



電動ケットラ、充電物語」に続きます。