完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


車庫の屋根に載せたソーラーパネルで電気自動車が充電できるようになりました!

娘に手伝ってもらって、やっとどうにか車庫の屋根に載せたソーラーパネルで電気自動車(軽トラ&軽バン&i-MiEV)が充電できるようになりました。
f:id:musikusanouen:20191216234959j:plain
こだわった点は「たとえ電気が苦手な人であってもヤル気さえあれば、誰でもできるくらいに簡単なやり方である」こと。それと「私のような稼ぎの少ないものにもできるくらいにリーズナブルである」ということ。

たどり着いたのは中古のソーラーパネルに、型遅れのパワコン(ヤフオクで5000円でした)の自立運転モード(停電の時のモード)を組み合わせるという方法。

f:id:musikusanouen:20191216235203j:plain


詳しくは、もう少し時間ができたときにこのブログで紹介しようと思っているのですが、この方法だとソーラーパネルからの2本の配線をパワコンにつなぐだけ(パネルからのプラスの配線をパワコンのプラスの端子に、マイナスの配線をパワコンのマイナスの端子につなぐだけ)でいけます。
あとは、パワコンに付いている停電時用コンセントに「トヨタの充電ケーブル(ここが隠れたポイントか?)」を刺し、電気自動車につなぐだけ。太陽がしっかり照ってくれさえすればこれで電気自動車が化石燃料原発を使わずに充電できることが分かりました。

f:id:musikusanouen:20191216235431j:plain

こんな簡単なことなのだけれども、ここまでたどり着くまでには、多くの方にいろいろたくさんお世話になりました。


ソーラーパネルをタダで譲ってくれた宮木高茂さん、それを九州からウチまで天ぷら廃油燃料のトラックで運んでくれた壷田和宏さん。この方法の先駆者であり技術的なことをいろいろ教えてくれた鈴木孝夫さん。コードを格安で分けてくれた松沢 秀俊さん、お金を立て替えてくれた上にそれをウチまで運んでくれたスズキカズシさんとウスイタケノブさん。ほかにもたくさんの方にいろいろお世話になりました。あ、あと実労者である渡辺沙羅、ありがとう!

f:id:musikusanouen:20191216235610j:plain