糸魚川のスーパー「サンエー」恐るべし!

今年はまだ雪も少ないみたいだし、タイヤ交換もオイル交換もしたし、ろ過済み天ぷら廃油も一斗缶にふた缶(40リットル)あるし、12月も中旬以降はなんだか慌ただしいし……、つまりは「今しかない!」 ということで、行ってきました、日本海、石ころ&流木拾い&魚食いツアー。
いやぁ、素晴らしかった。石ころ&流木ひろい、楽しかったなぁ!。

f:id:musikusanouen:20181130221959j:plain

ファオッサマグナの西端、糸魚川富士川構造線に沿って、我が家からまっすぐ北上。大糸線に沿ってヒスイが隆起した姫川のある谷には高速道路がないので、行き交うクルマの数も少なく、燃料代フリーの天ぷら廃油カーにとっては最高に快適なルートなのでした。
今回の最大の収穫は、糸魚川の地元の方たちから愛されているスーパー「サンエー」を教えてもらったこと。

f:id:musikusanouen:20181130222020j:plain
⇧こちらがハイクオリティ・フード・フォー・ユーのスーパー「サンエー」。地元の糸魚川市民から愛されている地魚豊富な素晴らしいスーパーなのです。クーラーボックス必携です。

このスーパーに行って山梨では普段、目にすることがない地魚を仕入れてくるだけでも、海なし県に住む住人にとっては最高のドライブでした(東京の魚市場を通さないからか、山梨のスーパーの魚よりも賞味期限が1~2日くらい長かったりするのは驚きでした)。

f:id:musikusanouen:20181208231107j:plain
⇧右はシロエビで、左の赤い小魚はヒメジ、糸魚川ではトチウオと呼ばれています。小さな魚なのですが、これが驚くくらいに美味しかった!
南蛮漬けや、一夜干しなども美味しいらしいのですが、一番のおすすめということでフライにしてみました。
小さな魚だけどしっかしした鱗があり中骨も硬いので、鱗を落としたり手開きにして中骨を取り除くなど、手間はかかるのですが、それだけの価値があるくらいにエビに似たしっかりした味があって美味しかったなぁ。もっとたくさん買ってくればよかったと思わされるくらいに美味しい小魚でした。

f:id:musikusanouen:20181208231449j:plain
⇧鱗を落として、内臓を取り、爪で削ぎながら手開きにして、二度揚げしてみたら、魚というよりもエビに似た味、そしてシコシコ感と独特の旨味でとても美味しくいただいてしまいました。

f:id:musikusanouen:20181130222722j:plain
⇧こちらは小型のイカと、Fのさかなでも取り上げられていたメギス。
イカは、バターソテーで、メギスはツミレでいただきました。ちらっと写っている右の魚はカレイで4尾で150円。これは薪ストーブで塩焼きでいただきました。

f:id:musikusanouen:20181208232636j:plain
⇧「ブラック焼きそば」も受けはいいのかもしれないけれど、海の幸に恵まれた日本海ならではの、こういう上品な味をもっと売り出したらいいのになぁ。新鮮な白身で作るツミレ汁、しみじみ、美味しかった! 山に暮らすものからすると羨ましいくらい……。

f:id:musikusanouen:20181212193636j:plain
⇧こちらは能生産のカニ。「子伏せ」ということは子持ちのメス? ということは、内子や外子を身や蟹味噌と一緒に甲羅に盛り込めば香箱? 他があまりにも安いので、1パイ380円がなんとなく高く感じられてしまって買ってこなかったのが、なんとも心の残りなのでした。



 

今回は一泊二日の旅でした。お世話になった宿は、「クルー」という名のペンション。釣り船をもち、魚料理を満喫できるご家族で迎えてくれるアットホームなペンションでした。糸魚川に住む友人に、美味しい魚を食べたいとの希望を伝え、教えていただきました。五十嵐さん、ありがとうございました。

f:id:musikusanouen:20181212194805j:plain
⇧海まで徒歩1分のペンション・クルー周辺の町並み。スーパー「サンエー」を教えてもらったのもクルーのご家族から。ほかにも、ガラス石やヒスイ拾いの秘密の場所も教えていもらえます。

お刺身や焼きものはもちろん、素潜りで採ってきてくれた貝(アワビやサザエ)まで。海なし県に住む者にとっては、こんな美味しい貝は何年ぶり?というくらいの美味しいペンションの食事でした。朝食にメギスの焼きものがでてきたのにも感激(そういえば昔、富山の友だちに「お前ら本当に魚に飢えてるなぁ」って言われたなぁ)。
f:id:musikusanouen:20181130223935j:plain
⇧2016年に悲しくも大火に襲われてしまった糸魚川ですが、ペンション・クルーの周辺には、板塀や板壁の古い木造民家が多く、古き佳き町並みが残っていました。この家は波打ち際まで10mくらい。家の手前にある水色のものは舟です。

 

宿も魚づくしだったにもかかわらず、お昼も、糸魚川市内の漁師のお店(「傅兵」)でいただきました。

f:id:musikusanouen:20181212192936j:plain
⇧こちらは傳兵さんの「海鮮ちらし定食」。
カニとエビとイクラとサザエ……、ぎゃお!と吠えつつ、あれ、だけどお刺身がないのか……、と思ったのですが、なんとなんと、カニやエビの下からお刺身たちが現れるというハプニング。参りました。
そしてこちらは、糸魚川名物のタラ汁定食。

f:id:musikusanouen:20181130224003j:plain
⇧一人前なのになんとなんと文化鍋で出てくるのです。大きめの魚であるタラが丸々一匹入っているのではないかという分量。生臭さのような臭いがまったくなくて、頭や卵嚢からいい味が出ていて、隠し味でエビも入っていて、タラ汁がこんなに美味しいなんて、見直しました。

高速道路がないので時間はかかるけど、渋滞どころか行き交うクルマもほとんどなく(しかもウチの場合は、天ぷら廃油カーだから往復の交通費はタダで)、さらに道すがらには、古材を使った内装で、かまど炊きのご飯を提供してくれるという道の駅があったり(「道の駅おたり」)、あるいはいい感じの古道具屋さんがあったり……、名高い観光地ではない日本の地方都市を楽しむ旅、あなどれません!

軒先にオレンジ色のすだれがかかる秋の日、地球に穴を掘りました。

f:id:musikusanouen:20181115230633j:plain
軒先にオレンジ色のすだれのかかる、カッキリと晴れた秋の日、仕事の合間に時間を見つけては、ビニールハウスの建て込みをやりました。

f:id:musikusanouen:20181115230950j:plain
頼みの綱であるエンジン・アースオーガーのスターターコイルが壊れたり、パイプを組む順番を間違えたり、いろいろあったけれど、ふと周囲を見渡せばどこも素晴らしい景色。こんな景色の中で家族で作業ができる幸せを噛み締めながらの作業でした。

これがアースオーガー。地球穴掘り機です。

f:id:musikusanouen:20181115231629j:plain
新品なのに、刃も付いて1万4200円送料込と、日本製の刃の値段にも満たない破格値。なのですが、そこはさすがに格安ドラゴンツール、馬鹿にすると馬鹿にされます。使う人のスキルが試される楽しい製品なのでした。
まず驚いたのは新品なのにエンジンがかからないこと。燃料はシリンダーに行っているようなので、点火系を確認してみると、メインスイッチへの配線が外れていました。
しかしそれでもどうもかかりそうでかからない……回転をあげようとスロットルレバーを握るのですが異様に軽いので探ってみたらアクセルワイヤーが両端ともにつながっていませんでした。
はたまた、ようやくエンジンが掛かったと思ったら、今度はドリル刃の受けに溶接のバリがでていてドリル刃がセットできず、仕方なしにシャフトの先端部を削って処置。
他にもいくつかトラブルがあり、それらを解決してようやく使えるようになったと思う間もなく、スターターロープが戻らなくなってしまったのでした。なかなか手ごわいのです。

f:id:musikusanouen:20181115232845j:plain

まあ、リコイルスターターのトラブルは日本製の農機具などでもあることがあるのですが、このドラゴンツールが凄いのは、リコイルスターターが分解して修理できる構造になっていないこと。スプリングではなく、プラスチックの部品側が壊れてしまっていて修理不能なのでした。
仕方なしに、クランク軸と同軸にあるシャフトをちょこと改造し、コードレスドライバーをセルモーターのようにして使ってエンジンを始動する仕組みに改造。おかげで力のない人でも簡単にエンジンが掛けられる地球穴掘り機になったのでした。

f:id:musikusanouen:20181115233706j:plain
つづく。



100円ショップの鉢の小改造。

まだどうにか緑を保っている虫草畑ですが、なんどか霜がおり、ハキダメギクなどは早くも黒くシモゲはじめました。
食べられる植物を中心に家の中に取り込む季節なのですが、カレープランツ、マルンガイ、ローズマリー、チア、カルダモン、レモングラスなどなど、たくさんあって、それだけでもひと仕事なのでした。

f:id:musikusanouen:20181108234259j:plain
⇧真ん中あたりの朱色の花がナスタチウムです。

晴れた日には風と直射日光に当ててあげたいので、室内からテラスに鉢物の出し入れをするのですが、そんなとき、取っ手があるととっても便利なのです(すみません、オッサンだから勘弁してね)。

というわけで、100円ショップで買った鉢をちょこっと小改造して使っています。
f:id:musikusanouen:20181108233801j:plain
⇧こんな感じ。

改造は簡単。鉢の側面に穴をあけ、太めの針金に通し、それをU字型に曲げて鉢に固定するだけ。

f:id:musikusanouen:20181108233808j:plain

手の当たる部分には、廃車から外したテキトーなホースを通しておくと、持ったときにいい感じになります。

f:id:musikusanouen:20181108233815j:plain
で、さっそく、畑から、ナスタチウムを鉢上げしました。

f:id:musikusanouen:20181108233817j:plain

このモノ余りの時代に、たとえ100円であっても買っていけない! 廃材を使ってなんとかしたい……、という方には、廃タイヤと廃ファンベルトを使る方法をオススメします。廃材を使って作る取っ手付き植木鉢の作り方は以前に紹介しています。気になる方はこちらを見てください。

f:id:musikusanouen:20181109000901j:plain

白州、台ケ原宿と七里岩

「家にこもって虫や菌類と話をしているだけだとボケるよ。たまにはヒトとも話をしたほうがいいと思う」と娘に言われ、道の駅の出荷のついでに、家族に連れ出され何年かぶりに台ケ原宿市に出かけたのでした。
でも、それにしても、わたしにとっては、人が多過ぎ……。
ちょっと古道具をのぞいたくらいで、人混みから早く脱出したくなってしまい、クルマのカギを娘に渡し、ひと足先に歩いて帰ることにしたのでした。
ところが、メインストリートの喧騒からちょっと外れ、歩いてみてみると、この地域ならでは魅力がたくさん見えてきて、案外楽しかったのでちょこっと紹介させてもらいたいと思います。

f:id:musikusanouen:20181021230613j:plain
⇧いつも気になりながらも、クルマですっと通り過ぎてしまっていたこの建物。いまは廃業してしまったとのことですが、かつてはここにお米を持ち込むと、数日後それに米麹をつけて返してくれたという麹のタネ付け屋さん。そうした仕事が仕事として成り立っていた、ということがまた素晴らしいと思うのです。土壁、瓦棒葺きの建物で、煙突(かまどか?)がいくつかあるという不思議な佇まいでした。

f:id:musikusanouen:20181021231230j:plain
⇧台ケ原宿を抜けたところにある土手。なんの変哲もないように見えるこの土手。でもこれがまた素晴らしいのです。
以前、このブログでも草刈りではなく「草残し」のことを紹介しましたが、まさにこの土手がそうでした。
上の方にある刈り込まれたサツキのような丸い植物はナンテンハギ。
そしてカラマツソウやホタルブクロ、ツリガネニンジンなどの野草(=雑草で普通は刈られてします)が刈られずに残されていたのでした。

f:id:musikusanouen:20181022000517j:plain
⇧玉造りのようにして刈り残されていたナンテンハギ。花も美しいし、食べられる雑草なので残す人もいる、とは聞いていたのですが、ウチ以外の土手で初めて見ました。ナンテンハギはアサマシジミの食草でもあります。

f:id:musikusanouen:20181022000003j:plain
⇧ほぼ一面がワラビで覆われている土手。やってみると分かるのですが、この状態に管理するにはかなり手が入っているはずです(ウチはいつも途中であきらめアメリカセンダングサの草原になってしまいます)。

f:id:musikusanouen:20181022000303j:plain
⇧このあたりは一面、ムスカリ&ニラ。ムスカリとニラは相性が良いのだろうか? ウチでもさっそく真似させてもらおう!

f:id:musikusanouen:20181022000804j:plain
⇧鋼板の手鈑金によるサイディング?が貼られたタイニーハウス?

f:id:musikusanouen:20181022000954j:plain
⇧鋼板の端を折込み、山と谷を組み合わせある様子。
ウチにもこの手の亜鉛引の古い波板や鋼板があって、案外人気があって、亜鉛の華が咲いた鋼板を集めているモノ好きもいたりします。
そういえば以前に、simplifeの(竹内)友一さんがロードムービーの旅の出発数日前にやってきて、スパンクル模様の出た古いトタン板や生コンの付着したパネコートなんかを嬉しそうにもらっていってくれたよなぁなんて、思いながら写真を撮っていたら、車通りのほとんどない道なのに遠くから古いディーゼル車の音がして、なんとあろうことか走ってきたのは友一さんでした。そんなこともあるんですねぇ。

f:id:musikusanouen:20181022004944j:plain
⇧さらにもう少し歩くと、ぶどう棚の下にいくつかの祠(ほこら)が。
見てください、この切石積みの美しさを!

f:id:musikusanouen:20181022005401j:plain
⇧思わず、ため息が出るくらいの美しさなのでした。

ところで、この地域には国道20号線と並行して、七里岩(しちりいわ)と呼ばれる総延長30㎞(七里)にも及ぶ断崖絶壁が韮崎市から長野県の富士見町まで続いています。
ユーラシアプレートと北米プレートの境目である活断層から始まった富士川(=釜無川)の流れが、次第に東へと大地を侵食していったのですが、約20年前に発生したと言われている八ヶ岳の山体崩壊によりできた溶岩流に出会い、溶岩流は侵食されにくく、河川による侵食崖としてできたのがこの七里岩だと言われています。

f:id:musikusanouen:20181022215453j:plain
⇧手前の橋が釜無川を渡る橋で、その東詰めには、七里岩の断崖絶壁が広がっているのでした。

f:id:musikusanouen:20181024225329j:plain
⇧もう少し近づいてみると、こんな感じ。
よく見ると、ところどころに白いものがあります。
そしてさらに近づいてみると、
f:id:musikusanouen:20181024225654j:plain
⇧白いものはどうやら鳥の糞、のようでした。
そしてさらにアップにすると……

f:id:musikusanouen:20181024225501j:plain
⇧長年蓄積されたその糞を栄養としているのか? 植物がそだっていました。

f:id:musikusanouen:20181024230141j:plain
⇧地層が大きく歪んでいるところもありました。活断層なのだろうか?

そんなこんなで岸壁に見とれている内に、家族の買い物も終わったようで、家まで歩くこともなく、途中で娘にピックアップしてもらうことができました。
ついでだからと、橋の袂にあるフランクで食事。
手づくりソーセージのお店で、ランチはソーセージかハムの定食。
肉類も美味しいけれど、付け合せのザワークラフトやジャーマンポテトも厳選された味。
ついうっかり、写真を取り忘れてしまったのですが、いつ行っても、大満足のレストランなのでした。

 



 

ニホンミツバチの採蜜(垂れ蜜と加熱蜜)

きょうは、久しぶりに日が出たので、焚付用に栗のイガを干しました。こうして一斗缶を半割にした手箕にいれてストックし乾かしておくと、ストーブに一気に流し込むことができて便利なのでした。f:id:musikusanouen:20181018234244j:plain
⇧そして真ん中の白い物は垂れ蜜採取中のタッパ。
スノコとネットを敷いたタッパウエアの中に蜜蓋を切った巣を重箱ごと入れ、その状態で日に当て温度をあげることで蜜がフリーランで流れでてくる、という手抜き採蜜です。

f:id:musikusanouen:20181019001643j:plain
⇧この上に、洗濯用ネットを敷き、その上に巣箱から切り離した重箱をのせました。

結果、重箱ひと箱で、垂れ蜜が3リットルちょっと垂れてくれました。
その後、ネットを敷いたザルの上で巣を蒸し、蜜蝋との分離で取れた加熱蜜が1リットル弱とれました。ありがたし。
さっそく味わってみたところ、それぞれに味が違っていて驚かされました。
垂れ蜜は、花の香りがして、香り高く澄んだ甘さ。一方、巣を加熱して取れた蜜は、複雑で濃厚な味(糖度はこちらの方が薄いのですが)。そして栄養価や薬効はこちらの方が高いそうです。
糖度は垂れ蜜が74度。加熱蜜は70度くらいでした(加熱蜜には蒸したときの蒸気が結露し混ざった可能性があります)。
この糖度だと、微生物の活動に対する糖度圧迫が効かず、気温が高い時期には発酵が始まってしまうので、糖度を80度近辺まで上げる必要がありそうです。
f:id:musikusanouen:20181018234701j:plain
ところで、1頭のニホンミツバチが一生かかって集めることのできる蜜の量は、ティースプーン一杯ほどとのこと。働き者の虫草農園メインスタッフさんたちに感謝しながら大切にいただこうと思います。ウォルナッツやメイプルのシロップと共に、糖分まで自然の恵みからいただけるなんて、ホント、ありがたい!

隠蔽(いんぺい)擬態

 

先日、浄化槽のエアポンプの修理をしていたときのことです。
ポンプを持ち上げたようとポンプに両手をかけて数センチ持ち上げたその瞬間、なにかゆっくり動くものが目に入ったのでした。ポンプのすぐ脇にマムシがいたのでした。両手がふさがっているので、棒を手にすることもできず、マムシを刺激しないように、そして素手を噛まれないように慎重にゆっくりとポンプを持ち上げ、後ろ伝いにどうにかその場を離れることができました。マムシは温度にも反応するらしいので、危ないところでした。
こんなことが起きないように、自然の豊かなところでは、目や鼻や耳を研ぎ澄ましながら行動する必要があります。

そんなわけで突然ですが、問題です。
下の写真の中に生きものが隠れています。見つかりますか?

f:id:musikusanouen:20181009225415j:plain

虫好きの人は案外簡単に見つかるかもなぁ。

じゃあ、見つからなかった人に、ヒントです。
下の写真にも同じ虫が写っています。

f:id:musikusanouen:20181009225438j:plain
⇧たぶん、こっちの写真の方が見つけやすいですね。

では正解……。







最初の写真は、ほぼ真ん中あたりにチョウがいます。

f:id:musikusanouen:20181009233613j:plain
⇧写真の真ん中あたり、緑の葉っぱに上向きに止まっています。これなら分かりますね。でも、なかなか見事な保護色。

ふたつめの写真も、真ん中あたりの少し右側にチョウがいます。

f:id:musikusanouen:20181010221124j:plain
⇧地面に止まっています。


この蝶は、南方系の蝶で、クロコノマチョウと呼ばれています。

f:id:musikusanouen:20181010221431j:plain
⇧緑の中だと返って目立つのですが、人や鳥を見つけると、地面近くの落ち葉にまみれて止まります。
たしかにこのあたりに止まったはずなのに……と思って探してもなかなか見つからず、どこかに飛んでいってしまったのかも、と思ってそこに分け入ると、足元から飛び立つ、ということが多かったりします。

f:id:musikusanouen:20181010234645j:plain
⇧実はこのクロコノマチョウも、完熟ハネダシいちじくの虫食堂にやってきた一員でした。

でもまさか、標高750mの寒冷地、白州(山梨北杜市)で見ることができるようになるとは、思いもしなかったなぁ。
私が持っている図鑑(1975年発行)では、伊豆半島が北限になっていました。東京で見つかることもあるがそれは偶蝶で、土着は伊豆までと記載されています。

五感を研ぎ澄ませても、アベレージでの気温の上昇は分かりにくいのですが、五感を研ぎ澄ませ、まわりの生きものを観察すると、地球温暖化の兆しは随所に見られます。
国道沿いに北上しているアオマツムシは、ついに白州のサントリー蒸留所付近までやっていました。
白州の家の中にゴキブリがやってくる日もそう遠くはなさそうです。




ハーベスタを使ったタカキビの脱穀&ダップ

稲の脱穀が終わり、ハーベスタの掃除する前に、ちょっと試してみたいことがあったのでした。
タカキビをお米用のハーベスタ脱穀できないだろうか? ということ。
自給用に栽培されたタカキビは、洗濯板のようなものにこすりつけるようにして脱穀する、ということが多いようです。

というわけでとりあえず、ダメ元で少し試してみることに。

f:id:musikusanouen:20181004233452j:plain
案外いい感じで、脱穀できそうです。
ハーベスタ袋の中はこんな感じ。

f:id:musikusanouen:20181004233811j:plain
黒いもの殻付きのものと茶色い向けたものとが混ざっているのですが、

f:id:musikusanouen:20181004233817j:plain
手にとってよく見てみると、黒いものの多くはダップ殻(モミガラ)で、中身は入っていないものが多く、もう一度、唐箕がけしてあげれば分離できそう。

f:id:musikusanouen:20181004233825j:plain

脱穀後のタカキビの茎は、そのまま束ねるだけでホウキになります。
ニホンミツバチの蜜源植物でもあり、虫草農園にはあっていそう。タネを分けてくださった秦さん、ありがとうございます。