完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


「小屋大全」がおもしろい!

「小屋大全」の西野弘章さんが訪ねてきてくれたのでした。
いやぁ、小屋大全も面白いのだけれど、西野さんも素敵な方でした。
初めてお会いしたのに初めてとは思えないほどいろいろなことが分かり合える、というか似たようなことをやってきているので、なにか伝えたいことをちょこっと口にしただけでもその奥の奥までわかりあえる、なんというか、別々に生きてきた分身のような感覚でした。
単管パイプにツーバイ材をしっかりと安価で固定する方法に、ここまで共感してもらえる人がこの世にいたことに嬉しくなってしまったのでした。

f:id:musikusanouen:20201201233317j:plain

いま手づくりキャンパーフェスがとても面白いことになっているのですが、それと同じくらいに魅力的で面白そうだと思ったのは、「小屋大全」に出てくる「3畳小屋」。
構造用合板3枚をプラットフォームにして2バイフォー工法でつくるというもので、それだったらDIY初心者や女性にも作れそうで、独立した籠もり小屋としてウチにもひとつ作ってみたくなったのでした。
過疎化が進む地域で安く土地を手に入れ、あるいはお借りして、とりあえずは3畳(あるいは4畳)程度の小屋を作り、不便とミニアムを(人口密度の低い場所で)楽しむというのは、もしかしたらいまの地球の生態系の流れにも沿っているといえるかもしれません。

f:id:musikusanouen:20201201235432j:plain
⇧こちらが3畳小屋。
ホームセンターで簡単に手に入る市販の材料を使用することで(コストは少し掛かってしまうけれども)、なにより誰にでも作れる、そしてとりあえずそこに泊まれるようになれば、その先、発展性も秘めたミニマムおもしろハウスなのです。

一方、コストをしっかり意識したこんな取り組みも紹介されています。

f:id:musikusanouen:20201202000051j:plain
⇧小屋づくりをより楽しくするものに「アルモンデ」あるいは「片付け建築」という手法があります。材料が不均一だったりするので時間はかかるけれども、その分それは楽しみの時間であったり、市販のものだけを使ってつくるのとは違って、その人のセンスや個性が引き出されるのが、廃材建築の奥義でもあるように思うのです。

f:id:musikusanouen:20201202000547j:plain
⇧そして、作業工程を追ったページには、アイディアチップとも言えるような囲み記事があって、それらがまたとても魅力的な情報なのでした。
言われてみればなるほどなのだけれど、ツーバイ材を2枚重ねて使用する場合は、木表を合わせるといいなんて知っていましたか?

いやぁ、長く生きるといいことたくさんあります。楽しみましょう!

■追記■
目次ページのテキストが合ったので以下にコピペします。
ようこそ! セルフビルドの世界へ!
第1章 スモールハウスからはじめよう!
「ツーバイ構法」なら簡単! 3~10日で作る小さな家の5つの実例

第2章 「軸組み構法」でセルフビルドに挑戦!
プロの大工も顔負けの技術を簡単にマスターする方法

第3章 10万円でつくる12坪のマイ工房
限りなく“安く、速く"つくる「掘っ立てスタイル」のマルチ小屋

第4章 憧れのログハウスを作ってみよう
「ハンドカット」も「マシンカット」も魅力たっぷり!

第5章 100万円で作る憧れの「木の家」
軸組み構法のログハウスを家族と仲間だけで作ってみたぞ!

第6章 仕上げ工事を楽しもう!
天井、壁、床、階段、下屋の仕上げ術

第7章 関連工事マニュアル
キッチン、風呂、トイレ、給排水、浄化システム、電気配線、ほか

第8章 家づくりの計画と施工管理術
土地の法律、素人でも描ける設計術、工具と部材の運び方、用語事典、ほか

■追記2■

f:id:musikusanouen:20201202111027j:plain
⇧ちなみにこれが単管パイプにツーバイ材を固定する方法。垂木止めクランプは手軽だけど強度はコーススレッドの強度に依存してしまいます。そこでツーバイ材にボルト穴をあけ、固定に普通の直交クランプを使うと安価でしっかり固定できるのでした。しかも廃材にありがたいな「ひねくれた材」も、クランプを2個使用し、万力などで矯正しながら固定することでヒネクレを修正することができるのでした。


種苗法改正に関しての追加情報です。

鹿児島の小岩さんから、品種登録された品種を検索できるサイトがあることを教えていただきました。ありがとうございます。

品種登録迅速化総合電子化システム


和名で検索できるので農水省のサイトと比べるととっても便利です。
ところが、このサイトを使ってみて分かったのですが、たとえば稲で検索し、コシヒカリを探すと何ページにも渡りさまざまな種類のコシヒカリがでてきて、しかも品種の特徴が目で見ただけではどうも分からないようなのです。
登録にあたって特徴は、いもち病抵抗性推定遺伝子の型がPi-zか否か、などと記されています。
登録品種の自家採種が禁止になった場合、10年以上前に譲ってもらい自家採種してきたコシヒカリ(と称する)稲が品種登録されているものなのか? つまりは「いもち病抵抗性推定遺伝子Pi-zを持っているか」といったことをどうやって調べたらいいのでしょうか? 少なくとも小規模農家にはそうしたことを判別できないと思われます。

f:id:musikusanouen:20201127110021j:plain
⬆写真は、まだしっかり品種固定されていない(つまりはまだいろいろな形質が現れる)ハッピーチルドレン(長粒系の香り米)。

それともうひとつF1品種はF1なわけだから(1代雑種なわけだから)、それがたとえ品種登録されていてもそこから自家採種したF2は、異なる遺伝子で登録品種と異なる特性を持つこととなるわけで、つまりは自家採種が可能ということなのでだろうか?

無農薬でお米づくりをしている人を励ましてくれる虫の本、あり〼。

f:id:musikusanouen:20201121213119j:plain

今年の新米も思いのほか美味しかったのですが、でも、今年のお米づくりは大失敗でした。収量はたぶん例年の4分の1程度。


初期の頃にヒエが大量に発生してしまったので深水で管理したのですが、深水にしたら草取りをしなくてもヒエが弱っていくことに驚き、ホウネンエビやミジンコも大量に育っていたので調子にのっていつまでも深水にしていたらヒエだけでなく稲まで元気をなくしてしまい、その後、水を落としても、いくら草取りをしても稲は元気を取り戻すことなく、畝間の雑草たちだけが勢いをどんどん増すという最悪の状況でした。


稲作に限らずこれまでずーっと無農薬でお米や野菜を育ててきたのですが、お米の収量がこんなにも少ない年は初めてで、さらには田んぼの草取りがこんなにも大変だった年も初めてでした。

そんなわけで無農薬でのお米づくりに関して自信をなくし、来年も今年みたいなことになったらどうしよう……などとちょっと弱気になっていたのですが、山口進さんのこの本を読んで励まされました。それと同時に、迷うことなく来年からも除草剤や苗箱処理剤は使わずにお米を育てよう! と決意したのでした。

この本はそれくらいに、無農薬で稲作をしているひとたちにとって励みになります。
ノンフィクションでありながら、読み物としても面白いし、(ネタバレになるので詳しくは書きませんが)「万葉の頃から長年行われていたヒトによるお米づくりに、虫たちは少しずつ寄り添っていたのですが、ところが効率化のために近年になって突然はじまった農薬による稲作に虫たちの生態が大きな影響を受けている」ということに驚かされると同時に、農家だけでなく消費者の方にも「アキアカネがいなくなってしまっている現実と、それがなぜなのか?」をぜひ具体的に知ってほしいと思いました。

f:id:musikusanouen:20201121213519j:plain
ナツアカネと違って、盛夏に群れで高山に登り、避暑に出かけるアキアカネは、暑さに弱い分、寒さには比較的強いと言われています。
すでに何度か氷点下の日があった11月下旬なのに、いまだに玄関の前、朽ちたテラスのひだまりでアキアカネがその姿を見せてくれるのでした。



種苗法改正案とこぼれ種

このところ、ありがたいことに、散歩のたびにカボチャの数が増えています。
強い霜が何度か降り、草が枯れ、草葉の陰に隠れるようにして実っていたカボチャたちが発見される季節になったのでした。

f:id:musikusanouen:20201117224215j:plain

虫草農園では、生ゴミ堆肥を愛用しているので、カボチャが圃場のアチコチから勝手に生えてきてくれるのです。
そんなこともあって、圃場を散歩する際は、下ばかり見ています。
でもなかなか見つからず、さすがにそろそろオシマイだろうと思って、ふと顔をあげたら……、

f:id:musikusanouen:20201117230155j:plain
こんなところにも!

f:id:musikusanouen:20201117230253j:plain

空中カボチャは、ミバエの幼虫(ウジ虫のくせにピョンピョン飛ぶ可愛いヤツ)による被害も少なく、色や形も美しいので、虫草農園製カボチャとしては高級品に分類されます。

いまの季節は他にも、意図せず、こぼれ種で育ってくれた野菜たちが元気になる季節でもあります。

f:id:musikusanouen:20201117231724j:plain
↑これは通路脇にこぼれ種で勝手に出てきてくれたニンジン。

 

ところできょうの午後、種苗法の改正案(改悪案?)が、衆院の農水委員会で可決されてしまいました。
このあと、本会議で可決され、参院でも可決されると、今後は品種登録された野菜に関して、自家採種や自家増殖ができなくなります。

でもね、品種登録という行為はヒトが勝手に行っているもので、言うなればたんなる概念。
遺伝子組み換えにしてもそうですが、組み換えであって、ヒトは「無」から生物を作り出すことはできないのです。
これだけ文明が発展しても生物に対してヒトにできることはわずかで、ヒトが働きかけることで他と少し違った性質をもった植物が育てることができたというだけのこと。
複雑に絡み合った生態系の中で生きる生物は、多様性によりその生態系を常により強固なものにしようとしていて、ヒトは品種改良などと称して、その性質をちょっと利用しているだけ。

品種登録された野菜であっても、野菜は植物なわけで生きものなのです。ヒトが働きかけずとも、多様性をもった次世代へと増殖しようとする賢い意思をもっているのです。

だからそれが野菜であっても、花を咲かせ、タネをこぼれ、次の世代へと命をつなごうとします。ヒトの営利のためにそれを止めることはできないのです。

f:id:musikusanouen:20201117233519j:plain
↑タネを蒔いてもいないのに、ネギの畝上に自然発生した謎のアブラナ科の植物。

f:id:musikusanouen:20201117233445j:plain
↑低い位置から見てみたらなんとダイコンでした。

植物であり生物だから、たとえダイコンであっても、次世代を残すために多様性と共に勝手に育ってしまうのです。そしてそれらは挿し木などのクローンでない限り、厳密にはそのどれもが新品種でもあるのです。

f:id:musikusanouen:20201117231607j:plain
↑こちらはパクチーことコリアンダー。手前の白い枯れ枝に丸いタネ(コリアンダーホール)がついているのが分かるでしょうか? これがこぼれて、まるで絨毯のように、たくさんのパクチーが勝手にでてきてくれるのです。

効率最優先の大規模農業では、収穫が終わるとすぐにその畝は耕してしまうので、花が咲くことはないのですが、不稔処理がされていない限り、たいていの野菜はそのまま放置すると花を咲かせタネをこぼし、次世代が生えてきます。

海外への持ち出しを防ぎたいのであれば罰則とともにそれを禁止する方が効果的に思えるし、自家採種や自家増殖を禁止しても、登録品種の海外への持ち出しが防げるとは思えません。
そうなるとそれは建前で、登録品種の自家増殖を許諾制になり登録品種が増えれば、農家の多くは毎回タネを買わなければいけなくなり、品種登録が可能な大手の企業にだけに恩恵があり儲かるという、そのための法改正(改悪?)のように思えてしまいます。

f:id:musikusanouen:20201118001830j:plain
↑この畝はディルを蒔いたのですが、なぜか野良坊やターサイ系アブラナなども出てきてくれています。

担当課である農水省の知的財産課に問い合わせをしたところ、

「今回制限を受けるのは登録品種のみで、登録品種は公知となっている品種と比較栽培等を行って審査し、広く流通している品種と明確に区別できることが確認できた品種でなければ登録できず、既に広く流通している一般品種が新たに登録されることはありません」との確約をもらいました。
「仮に一般品種と知りながら、品種登録した場合には、種苗法第68条(詐欺の行為の罪)により罰せられる可能性があります」とのこと。
「他の農家が栽培している登録品種と自然交配したとしても、一般的には登録品種と異なる特性を持つこととなりますので、登録品種の育成者権が及ぶことはありません」とのことでした。

とりあえず我々、小規模農家にできそうなことは、一般品種として公知された品種を増やし、それらは一般品種だから品種登録できない、ということをネット上などで広報し記録していくことではないかと思われます。

 
登録品種について検索できるサイトを小岩さんから教えていただき、以下のブログで追加情報として紹介しています。

musikusanouen.hatenadiary.jp

 

 

農作業道具の必須アイテム「風呂イス」……、の塗装。

f:id:musikusanouen:20201013003700j:plain


渋滞がなくなった真夜中の首都高、八丁堀の出版社から横浜の自宅まで何分で帰れるか? なんていうのを楽しみに仕事をしていた頃がありました。
愛車は1963年式という当時でもかなりオンボロなスポーツカー。走っている最中に全電源喪失なんていう恐ろしいこともあったりしましたが、帰路の横羽線はコンビナートの間を縫うように走る区間があって、トノカバーから顔だけ出して、ブレードランナーの世界に浸りながらいい気になって走っていたりしました。

ひとりで走るのが好きでした。
仲間と一緒に爆音をたてて走りたいとは思わなかったけれども、真夜中のコンビニにたむろっている彼らや彼女たちの姿には幻想というか、ちょっとした憧れを抱いていました。

足首の関節が硬いからだろうか? 実は私「ウンコ座り」がうまくできないのです。
しようすると後ろに倒れてしまいます。もしも、いたしていたときに倒れてしまったりしたらオオゴトです。
では、洋式便器が登場する前はどうしていたか? というと和式便器にはそうした人用にたいてい前方につかまり棒あったのでした。
でもないこともあり、つかまり棒がない和式トイレでは、そこらにあるもの、たとえば水道のパイプとかを握ったり、和式便器の丸膨らみをかかえながら用を足しておりました。
昔のボットンタイプの和式便器にはこんな素敵なデザインのものがあったりもしたのです。

f:id:musikusanouen:20200923205734j:plain

でもね、山を眺めながら傾斜地でキジ撃ちをしたときに発見したのでした。
傾斜地で谷に向かってしゃがみ、かかと側が少しあがれば、つかまり棒がなくても、自立してウンコ座りができるということを。
つまり平坦な場所でもかかとに木の枝とか根っことかをかませば、私にも出来るのです、憧れの「ウンコ座り」。
で、先日、コンビニにたむろっている彼らをよく見たら、彼らの中にも、縁石にかかとを載せている人がいたのでした。
うれしかったなぁ。


いかん、いかん、脱線しすぎました。
風呂イスの話でした。
そんなわけで、私の場合、畑で座って農作業をするとき、風呂イスがあるととても快適なのです。それはまるで洋式便器のように。
でも、畑の真ん中に白い風呂イスがあるというのはなんとも異様。あんまりかっこいいものではないのです。

f:id:musikusanouen:20201013003735j:plain


ということで、窓枠を塗ったペンキが余ったので、風呂イスを塗装してみました。
そしたら意外、風景に溶け込んでいい感じ、という(だけ)のお話なのでした。

f:id:musikusanouen:20201013003804j:plain
⇧タネまきや土かんなによる草取りなどのとき、(足首の硬い人にとって)風呂いすはとても重宝します。自動車のタイヤ交換(寒冷地では1台に付き年2回もあるのです)の時にも便利。風呂イスに座っていれば「足首ジャッキ」を使ってタイヤを上下できるのです。


好きな色を決めて、畑の中のいろいろなモノをその色で塗装すると、もしかしたら統一感が出てそれもまたいい感じかもしれません。

f:id:musikusanouen:20201013004159j:plain
⇧今回使用したモスグリーン(ツヤ消し)は、窓枠用塗料として23年前に購入したもの。粘度は少し高くなっていましたが、でもどうにか使えました。当時は外国製塗料でないとこうしたシックな色の水性塗料はなく、わざわざ取り寄せ塗装していたのでした。

f:id:musikusanouen:20201019151958j:plain
⇧手前のフォークは、デザインが気に入ってかなり昔に手に入れたもの(たしか英国製)。サイズといい、角度といい、生ゴミ堆肥をかき混ぜるのにとても便利。だっただけれど、金属部分はステンレスで雨ざらしでも錆びないのだけれども、柄の部分はFRPで、紫外線で樹脂が劣化し、最近では握るとガラス繊維が手に刺さるという状態だったのでした。
ざっくりサンダー掛けし、その後、浮き出てしまっているガラス繊維をPOR15で固め、その上に密着剤を塗布し、水性塗料を塗ったもの。とりあえず、水性塗料も剥がれることもなく、ガラス繊維が刺さることもなくなりました。

f:id:musikusanouen:20201013004424j:plain
⇧ついでに生ゴミ堆肥に混ぜる米ぬかを入れている一斗缶のサビたフタも塗装(本体も塗りたかったところだけど塗料足りず)。フタだけでもまあまあ、いい感じになったのでいいか。

ところで、風呂いすに変わるもうひとつ、隠れた農作業用便利グッズがあります。それはひざ当て。
最近の100均には目を見張るものが多くて、こんなマイナーなものまで100円で手に入るのでした(正確には110円ですが)。

f:id:musikusanouen:20201013005129j:plain
⇧一日中、ヒザをついて畑仕事をするようなときにはかなり便利なグッズです。ただ、装着した姿はストライプレスのブラジャーをヒザに付けたみたいでちょっとユーモラスでもあるけど。


一方、ウチで普段愛用しているのは、梱包材料として送られてきた黒いスポンジを細長くきったこんなもの。

f:id:musikusanouen:20201013004745j:plain
⇧普段は木にぶら下げてあります。何と勘違いしているのか、これを吊るしてから、キジによる農作物の被害が少なくなったように思います(このあたりのカラスは優秀で、しかも余裕があるので農作物に被害をあたえるようなことはありません)。

f:id:musikusanouen:20201013004943j:plain
⇧こんな風に地面に置いて使います。この上に、ヒザをついて作業します。腰への負担がかなり軽減できます。

でも、機能性に富んでいる、ということでは、これが一番かもなぁ。

 

f:id:musikusanouen:20201019150751j:plain

おわり。



スズメバチの習性とヒトの勘違い

f:id:musikusanouen:20201004184638j:plain

できればスズメバチも殺したくはないのです。
でも、相手がオオスズメバチの場合、放置しておくとニホンミツバチの群は皆殺しにされてしまうことがあります。

ハチの数の多い元気な巣は匂い付けのための偵察バチが来た際、蜂球を作って熱殺することが可能だったりもする(でも失敗することも意外と多く犠牲も多い)ので、全滅させられることは少ないのですが、ダニや農薬、スムシなどの影響で、弱っている巣の場合、偵察バチの熱殺に失敗し、仲間のオオスズメバチに大挙して来られると全滅してしまいます。
オオスズメバチはどの巣が弱っているか? よく分かっているようでそうした弱った巣を狙ってくるようにも見えます。そのため、オオスズメバチに狙われた巣は多くの場合、全滅してしまうのでした。

f:id:musikusanouen:20201004184819j:plain

でも賢い群?は、「逃亡」という手段で巣を捨て逃げることがあります(今秋もひと群、虫草農園に逃げてきてくれた群がありました。クマに襲われた可能性もあるのですが)。
逃亡すると蛹や幼虫は犠牲になってしまうのですが、スズメバチのスキを付いて、女王と(お腹に満杯にハチミツを蓄えた)働き蜂たちが、一斉に飛び立ち巣を捨てて逃げます(このとき運び出すハチミツは普段運んでいる花の蜜とは濃度が異なると思われます)。
ただそれもタイミングの問題があり、オオスズメバチニホンミツバチを襲うのは、秋なのです。
ミツバチは越冬はしますが、冬眠しません。秋に新しい場所で巣作りをはじめて、はたしてその群は越冬が出来るかどうか(飛翔筋を動かして温度をあげるほどの蜜を蓄えることが出来るか)は微妙なところであり、ヒトの元(待ち箱)に越してきたハチたちはもしかしたらヒトの助けを求めているのかもしれません。

ハチはダンスという方法で、仲間内で蜜源の位置などの意思疎通を図っていることが知られています。飼い主が畑にいると、巣にスズメバチに襲われていることをまるで知らせるかのように、飼い主の周りにまとわりつく働き蜂がいたりするのです。

 

そんなこともあって、虫草農園ではミツバチの巣がオオスズメバチに襲われてしまった場合、ヒトが加勢してあげることにしています。

きのうの朝もそうでした。
玄関のドアをあけて人が出てくるのを待つようにまとわりつくミツバチがいたので、巣に行ってみるとスズメバチがいました。ヒトの姿を見てオオスズメバチはすぐに逃げたのですが、なぜかこの日のキイロスズメバチはヒトが近づいてもホバリングしていて、帰ってくるミツバチを捕らえようとしています(帰宅蜂は、花の蜜を蓄えているので美味しいようなのです)。
虫草農園では、各巣の近くにバドミントンのラケットを用意していてそれでスズメバチを打ち、退治します。フェイントをかけたり、どうにかして相手の裏をかく陰湿なスポーツがバドミントンなのですが、どうしてこんなスポーツを始めてしまったのだろう……と思いつつも、応援してくれる女子部員の前でかっこいい姿を見せたいがばっかりに、高校、大学とはまりこんでしまったのでした(その割にかっこ悪い負け方ばかりしていたなぁ)。そんなわけでラケットワークには少し自信がありました。

バドミントンのスマッシュをスピードガンで計測するとどのくらいのスピードだかご存知でしょうか? プロ野球の投手の最高スピードが170㎞/h程度だと知って、ちょっと驚いたのですが、バドミントンの場合、男子の(世界の一流選手の)最高スピードは400㎞/hを超えています。
多少加減したとしてもちょっとバドミントンをかじったことがある人がシャトルを振ってスズメバチを打つとどうなるかというと、ときに空中分解。打ち所が悪く、頭などの硬い部分がガットに当たると、猛スピードで飛ばされ、モノに当たった場合はそこで脳しんとうをおこして飛べなくなってしまいます。

せめても命を無駄にしたくない、ということで、巣の近くにはスズメバチを打ち付ける的があって、そこに打ち付け回収することが多いのですが、針を出したり引っ込めたりまだ動いているスズメバチは生きたまま焼酎につけられ虫刺されの特効薬(民間療法)として使用したり、友達に配ったりしています。

f:id:musikusanouen:20201005091835j:plain

 

でも、正直なところ、スズメバチもできることならば殺したくはないのです。


スズメバチも社会性のあるハチなので、仲間同士、なんらかのコミュニケーション手段を持っているように思われます。
ほぼ毎年、虫草農園のどこかに巣をつくってくれるのですが、農園のあるじたちのことを認識してくれているようで、畑にいるときに威嚇したり襲ったりすることはまずありません。逆に、お客さんが来ると、確認のために顔の前でホバリングしたりすることがあったりします。ヒトの個別の認識能力に関して、かなりしっかり区別できているように思われます。

きのうの朝のキイロスズメバチもこちらを認識できているように思われました。
しかもキイロスズメバチはミツバチの巣を全滅させるようなことはなく、帰り蜂を捕獲するだけで、捕まってしまったミツバチには気の毒ですが、普通はこの時期、働き蜂はひとつの巣に1万頭くらいいるはずなので、キイロが帰宅蜂を一頭ずつ捕まえても、それほど影響はないのでした。

f:id:musikusanouen:20201005091933j:plain
⇧巣門の前でホバリングして帰宅バチを待つキイロスズメバチ(ピンぼけ)と、巣からでてきて蜂球をつくる機会を狙うニホンミツバチのワーカーたち。

そんなわけで巣の前でホバリングしているキイロには甘いところがあって、ラケットを強くは振らず、フレームのあたりでコツコツと突くようにして逃げていくように催促したのでした。
「こらこら、ヒトが来たんだから、とっとと逃げなさい」と声を掛けながら。
それでも逃げないようだったら打ってしまおうと思った次の瞬間でした。
そのキイロスズメバチは一目散。あろうことか、あっけにとられているヒトの顔めがけて目にも留まらぬ速さでやってきて、顔の真ん中、つまり鼻のテッペン付近にとまったと思った次の瞬間、顔の真ん中を高電圧で感電したようなバチンという痛みが走り抜けたのでした。

考えてみれば当たり前です。
いくら優しい言葉をかけつつとはいえ、日本語が彼女らに通じるわけではなく、スズメバチからすれば巨大なラケットのフレームで軽くとはいえ叩かれたりしたら、怒って刺しに来る、というのは当たり前の論理です。冷静に考えれば、スズメバチにとっての正常行動。
ところがこのところはなぜだか、スズメバチには(どんな場合にも)ヒトの優しさが通じる、と勝手に思い込んでしまっていたのでした。バカだなぁ。

鏡で見てみたら、刺されたところから赤い血と透明の液体のようなものが流れていたので、いまならポイズンリムーバーが効果的に使えるかもしれないと(普段は効果を否定しているくせに)、ポイズンリムーバーを使おうとしたところ、鼻柱の真ん中付近を刺されたので、ポイズンリムーバーがうまく吸い付かず、なんだか返ってもみほぐしてしまったような感じになってしまいました。

アナフィラキシーの特効薬、エピペンの主な成分はアドレナリンで、ヒトは大声をあげたり怒ったりすることでアドレナリンを自ら分泌できるということで、家族はなんとか私を怒らせようと、聞き捨てならない罵声をいろいろ投げかけてくるのですが、このときは意外と冷静で、それが余計に不気味だったとのことです。

娘は「たま」の「オルガン」の替え歌をBGMに歌ってくれました。


たま おるがん

スズメバチにやられちゃった父の顔は♪  パンパンだからうれしい顔がちゃんとできない♬」

さすがに痛みはあるのですが、でも腫れはそれほどでもなく、この日の午前中は友達が野菜を取りに来てくれることになっていて、その友達曰く、なんとなく顔の雰囲気が違うかなぁ、くらいの感じだったかなぁ、とのことでした(気を使っていたのかもしれませが)。

思ったほどには腫れなくて、アシナガバチに数箇所刺されたときやミツバチに目の近くを刺されたときの方が酷かったなぁ、などと思いつつ、農作業を続けていたら、夕方近くになって、頭が痛くなり、顔が全体に熱っぽくなってきたので、その日は早めに休んで寝たのでした。

そして翌日、つまりは今朝なのですが、
朝起きて目を開けようとしたところ目が開かないのです。
壁をつたいながら洗面台まで行き、かろうじてあいた左目で鏡をみたら、コテンパンに殴られてしまったボクサーの翌朝のような顔になっていました。

見苦しい写真なので小さく載せておきます。

f:id:musikusanouen:20201004222946j:plain
↑鏡を使って自撮りしているので左右が逆です。

顔の表側は皮膚がパンパンになるまで目一杯ふくらんだ感じですが、皮膚に比較的余裕がある口の中は内側にかなり腫れていて違和感がありありで、脳みそとかも圧迫されていないのかが心配になってしまったりもしました。
不幸中の幸いは、直接目を刺されたわけではなかったということ。
また首など、気管の近くも窒息の恐れがあり、注意が必要とのことです。
刺されてから最初の30分くらいは緊張していたのか、花粉症の症状は収まり、鼻水が出なかったのですが、それ以降は刺される前と同じで定期的にティッシュが必要な状態。鼻をスズメバチに刺されることで、花粉症が治ってしまったりするとありがたかったのですが(追記2020年10月5日、でも少し改善された気もします)。

せっかくなのでいろいろ調べてみたところ、毒の強さ(LD50値:mg/kg)は,スズメバチの中でおとなしい部類と言われるヒメスズメバチが 2.8と最も強く,キイロスズメバチが 3.1,オオスズメバチは 4.1とのこと。
とはいえ、毒の量はオオスズメバチが最も多いようです。

また、ドイツの職業別の調査では、ガンの罹患率の小さい業種として養蜂業者が知られていて、その原因はポロポリスやロイヤルゼリーによるものではなく、定期的にハチに刺されることで免疫力があがるからではないか結論付けられた、などという報告も見つかりました。
さらにハチ毒には、活性ペプチドなどが含まれいて、ヒトの免疫力を引き出し、さまざまな症状を改善することがあるとのこと。
ヒトの体のツボに蜂毒を刺す療法は昔から知られていて、ヒポクラテスなども蜂毒療法に関して記述しているとのことでした。

いまの世の中、ネットを使って都合のいい情報を集めればいくらでも集まる情報過多社会なわけですが、免疫力が注目されているこのタイミングでハチに刺されたことは良かったのだ、などと強引に思うことにして、今夜はそろそろ寝ることにします。
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございます。

■追記です■2020年10月7日
顔の腫れはほぼ、以前と同じように戻り、きのう6日は手の甲が腫れてしまってモノが握れなかったりしたのですが、きょうになって手の甲の腫れは少し引いて箸も持てるし、スコップも握れるようになりました(でも張り詰めている皮膚が可愛そうで力はいれられませんが)。
以下、面白いアドバイスをいただいたので、書き残しておきます。
オオスズメバチの愛好家、Iさんより。
研究者の中村雅雄さんの体験では、沢山のキイロスズメバチに刺されて意識も朦朧とした後、高血圧が治ってしまったそうです。禿げた頭から毛が生えた人もいるとか。お大事になさってください。
水溶性だそうですから、洗うと案外効果があるかも知れません。蚊は私の場合、水で洗うとすぐ痒みが消えます。ブヨはダメですが。
長野県のある方は、「蜂天国」同様、キイロスズメバチの巣を人工的に継ぎ合わせ、数メートルの巣を作っていますが、毎年、キイロスズメバチに足を刺させているそうです。免疫をつけるためだとか。全く世間と違う考え方ですね。
Q:水で洗う場合は表面だけ水を流す感じでしょうか? それとも皮膚をつまんだり、揉みほぐすようにして洗ってますか?
A:水で流すのが良いのではないでしょうか。ブヨに刺された時に押しもみしたら、水膨れになってしばらく治らなかったことがありました。

私も以前、娘がアシナガバチに同時に2箇所刺されたときに(娘の同意の元)、ポイズンリムーバーありなしを試してみたのですが、娘の場合、特別だったのか、ポイズンリムーバーで吸引しした箇所の方が押し揉まれたようになってしまって明らかに治りが遅かったことがありました。

■追記2■2020年10月8日
顔の腫れはほぼなくなりました。刺された箇所に跡は残っています(消えないこともあるらしい)。
手の甲の腫れもだいぶ引いてきて、右手で箸も持てるし、スコップなども握れるようになってきました。
●ミツバチのハチ毒とスズメバチのハチ毒の交差性に関して、抗体価の変化でみたデータのあるサイトを見つかりました。
ハチ刺されと抗体価の変動」(「都市のスズメバチ」というこのサイト素晴らしいです)
COVID-19とBCGとの交差免疫性が注目されていますが、スズメバチに刺されることでミツバチのハチ毒に対しての抗体価があがることが多いようです。体内に入ってきたその他の異物に対しての抗体価(交差免疫性)はどんな変化があるのだろうか? 後退してしまった髪の毛が突然黒々と生えてきてしまったりしないか? 楽しみに観察していきたいと思います(後退は抗体とは関係ない?)。

■追記3■2020年10月8日
患部を冷やしたほうがいい、という意見と、ハチ毒は熱に弱い?から温熱療法が効果的、という説のふたつがあったります。
これに関しては以下のような記述が見つかりました(「子どもを虫刺されから守るために。長引かせたくないかゆみ、医師が教えるおうちでの予防・ケア方法」というサイトからの抜粋です。
「その根拠はおそらく10年前の論文です。ムカデは温熱療法が効果的という論文で、毒成分が熱で変性するのではと考察しています(鈴木一年ら 皮膚臨床52:1182,2010)」

「しかし実際に毒が熱で変性するという科学的根拠は分かっていません」

「効果的という論文はほかには見当たらず、逆に蛾(ヒロヘリアオイラガ)の幼虫による刺傷に対し、保冷剤を用いた冷却と43度前後の湯を用いた症状を比較しても翌日の腫れの程度には変わりがなかったという実験から温めても抗原性は変わらないのではとの報告があります」

「虫さされ部位を温めることに対する懸念は毒成分に対するアレルギー反応です。たとえばムカデはハチ毒との交差反応性も指摘されています。温める(続ことで血管が拡張し、有毒成分が体内に広がりやすくなる可能性があります。これはアレルギー反応の点からマイナスの可能性もあり、安易に推奨できません」

「総合的に考えると、ムカデ以外の虫さされも基本的に冷却でいいのではと考えます。 ちなみに、話は逸れますが温水での処置が効果的なものはないわけではなく、それはクラゲやウニ等の海洋生物です。30-60分間温水に浸すことで痛みが軽減するとされています」とのことです。
ハチ毒は熱に弱いのではないか?というのも、なんとなく興味深い情報なので、もし今度、左右の腕など二箇所同じ日に刺されたような場合、2種類の方法で比較してみたいと思います。

 

ドゥーパ10月号が発売されています。かなり面白いです。

久しぶりの雨の一日、楽しみにしていた雑誌をやっと開くことができました。
ドゥーパの10月号です。
届いたときにパラパラっと見たのだけれど、見るページ見るページがかなり面白そうだったのでしっかり時間のとれるときを楽しみにとっておいていたのでした。 
今号は手作りアウトドアギアの特集。どのページを開くのが楽しみなくらい刺激的な写真と内容でした。

f:id:musikusanouen:20200925224501j:plain


このところは農作業に追われていたけれども、秋はモノづくりも最適な季節。いろいろ刺激を受けて作りたいものがたくさん頭の中に浮かんできました。

たとえばこれ!

f:id:musikusanouen:20200925224632j:plain
まるでイラストのようですが、たぶん実写。
センスよくいい感じでカオスなカブが仕上がっています。
軽トラやカブなど、ミニマムな制限のある中で作る楽しみがにじみ出てくるようでした。

f:id:musikusanouen:20200925225123j:plain
かと思えば、こちら、竹細工でつくるコーヒードリッパー。
黒竹も手に入ったし、これ、作ってみたいなぁと思ってよく見たら、紹介しているのは(クラシックバイクショップを経営していた)戸崎祐治さんでした。311を契機に、上野原に移り住みいまは竹細工の職人をされています。

ほかにも、船外機がつけられるようなカタマランの帆船を手作りされた方や、コールマンの200Aの収納箱でありながらランタンスタンドになるBOXや、圧巻は「ピネムの森」眺めているだけでも夢が広がりました。


わたなべの連載も今回で3回目。
今回は「カラクリのたくさんある家を作ろう!」と題して、当初は秘かに忍者屋敷を目指していたわが家の貧乏くさいけれども地球には優しい仕掛けを紹介させてもらいました。

f:id:musikusanouen:20200925232359j:plain
具体的には、黒い屋根材で暖められた空気を床下に蓄熱するパッシブソーラー、逆に地中の冷気を夏に拾い上げる地下熱クーラー、傾斜地に適したステップフロアや、煙突掃除が簡単に安全にできる室内登攀型煙突BOXなどなどを紹介しています。

実はこの号も執筆だんかいではちょっと盛り込みすぎて、ページ内に入らなかった写真&原稿がいくつかありました。ここではそれらをちょこっと紹介しておこうと思います。


■(家をつくるとき)何を一番大切に暮らしたいのか? をまず考えよう■

f:id:musikusanouen:20200925233315j:plain
2軒目の家(とはいえ、この家もほとんどの部分は大工さんに作っていただいたのですが)は、家の真ん中にキッチンを置くというちょっと大胆な家になりました。調理に薪ストーブも使いながら家族で食事を作り楽しむというのがコンセプト。何が一番必要か? そして欲張りすぎないということが大切なことのように思っています(大きな家は冷暖房にエネルギーを使ってしまって大変だし、2階建て+屋根裏部屋は屋根や外装のメインテナンスに大掛かりな足場が必要になってしまったりします)。

■廃アスファルトを使った舗装の変化■

f:id:musikusanouen:20200925233828j:plain
目地に土を入れ、ハーブを植えると1年後には、こんな感じになります。

f:id:musikusanouen:20200925233914j:plain
⇧赤い花はタイム、白い小花はリッピア、黄緑の葉はオレガノ。このほか、コルシカミントなども地被としてオススメです。

 

■屋根裏(小屋裏)の有効活用■

f:id:musikusanouen:20200925234309j:plain
ツーバイフォー工法の隠れた利点がこれ。モノコック構造で剛性を稼いでいるので柱なしで屋根裏部屋を広く確保することができます。
たとえばわが家の場合は、一番広い部屋は屋根裏部屋だったりします。屋根裏部屋は屋根の勾配を急にすればするほど天井を高くすることができるのですが、屋根の勾配がきついと屋根のメインテナンス時などに屋根足場が必要になってしまうというデメリットがあります。全体をドーマーとすることで屋根の傾斜を緩くできますがそうなると屋根裏部屋ではなくなってしまうのでした。
また屋根裏部屋は天井までの高さが1.4m以下で階段が固定されていない場合、床面積にカウントされないので、固定資産税が安くなるなどのメリットもあるので作る前に調べておくことをオススメします。

 

■低い天窓の魅力■

f:id:musikusanouen:20200925234656j:plain
屋根裏部屋のメリットのひとつに天窓が低い位置にセットできるということがあります。その下にベッドを置くと、顔と天窓との距離が近くなり、夜空の視界が広がるのです。流星の観察にも便利ですし、夜、ふと目を覚ましたら星座の位置が変わっていた、というのはなかなかよいものだったりします。

 

■拡張性を持たせること■

f:id:musikusanouen:20200925234943j:plain
セルフビルドで家をつくる場合、一度に全体を仕上げようとすると大変です。そこで、まず最小限必要な住居部分をつくりその後、生活スタイルに合わせて左右に下屋を少しずつ拡張していくというのが正解のように思います。写真は片流れの下屋を延長したところ。裏面全体に接着剤が塗布されているカスタムサンドという屋根材を使用することで屋根の勾配を緩くし、屋根の上で麦や雑穀などを干せるようにしました。2階のドアから出入りできるようになっています。

というような感じで、家づくりのアイデアというか、家づくり後に気がついた失敗談のような内容も多いのですが、これから家をつくる、という人の参考になればうれしい、と思って書いてみました。

ドゥーパ10月号、今号も充実した内容で、とても刺激的でした。
秋の一日、コーヒーをていねいに淹れて、ゆったりと雑誌を読む時間が作れたら素敵ですね。