完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


雨の日の楽しみ? キッチン・オハナ

 雨で野良仕事ができないので、溜まってしまった用足しにオマチにくりだしました。まずは警察署に行って車庫証明の申請。続いて、ホームセンターへ。直流12VのLEDクリップライトを作るための材料などを購入しました。
 そしてお昼はキッチン・オハナへ。

 考えてみたら、オハナに来るのはいつも雨の日。古民家の窓の外を落ちる雨だれを見ながら、暖かなストーブの隣で家族でシッポリとお昼ごはんをいただきました。

↑木の切り株をモチーフとしたオハナのロケットストーブ。

↑ベンチを暖めた後の排気は、外側が木製の煙突を通って外に排出されます。

↑ガラスの窓ごしでなく、直接炎を見ることができ、薪のはぜる音を聞きながら、熱効率に優れた薪ストーブを楽しくことができるというのがロケットストーブのいいところ。薪が小さくはぜる音を聞いていると、なんだかそれだけで幸せな気分になってきます。

 おかげで素敵な休日を楽しむことができました。石野さん、心のこもった美味しい料理をいつもありがとう! そして奥様とお店でお会いできて、それもとってもうれしかった……。