完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


明日はまた、雪らしい……。


 ユンボの前は、ジムニーで雪かきしてました。360㏄だけど、副変速機つきなので、4輪チェーンだったら結構押せます。ハイド板はちょっとカッコ悪いけど、斜めにつけるのがポイントのように思います。こうすると溜まった雪が一方向だけに逃げ、往復することで、道が開けます。


 こちらは富士見のエイデンで見かけたトラクターの除雪機。なかなか良くできています。


 押す力が強ければ、ドラム缶を半割にしたものの片側の側壁をとって斜めにセットし、高さは固定せずフローティングしたタイプ(ベロの先端が路面よりも少しあがっていて、半割りドラム缶にたまった雪の重さで半割りドラム缶が路面に押し付けられる仕組みのもの)がシンプルで良さそう……、今度、作ろう! と思いながらもいつしか気が付くと、春になってしまっているのでした。
 見方を変えれば、雪もまた楽し!