完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


薪ストーブを使った鉄板料理の楽しみ方


 きょうも、朝から見事な雪景色。気温は高めですが、太陽は顔を出さず、屋根の雪が溶けないのでパッシブソーラーが働きません。そんな日は薪ストーブを一日中焚いていることになります。せっかくの薪ストーブの熱をただ暖房に使うだけではもったいないので、お昼は薪ストーブで料理を作ることにしました。
 我が家の薪ストーブ料理としては、燃焼室内に熾き(おき)を作り、その熱で魚やお肉を焼く、というのが定番なのですが、きょうは直火でもOKな鉄板焼きをすることに。

 まずは骨董市で500円で仕入れた分厚い鋳物の鉄板を燃焼室で焼きます。鉄板が十分に温まったらそれを今度はストーブ天板の上に載せ、そこで料理をします。きょうは、我が家で採れたこの冬最後のキャベツを使ってのお好み焼き。厚手の鉄板二枚重ね(2枚で1センチ以上)なのでじんわり中まで火が通りやすく、お好み焼きには最適なのです。

↑お好み焼き本体を焼いている間に、お好み焼きの命ともいえるマヨネーズをつくります。新鮮な卵に京都の千鳥酢(酸っぱさが尖っていなくてマヨネーズやピクルスに最適)、それにサラダオイル、マスタードと香辛料少々を加えながら泡だて器で攪拌します。マヨネーズを作ってみると卵の新鮮さが一目瞭然。新鮮な卵だとトロリとした美味しいマヨネーズができます。

↑最後に表面をカリっと仕上げるために、燃焼室の中に30秒ほどさらします。このとき、燃焼室の温度は250度を超えています。鋼板が厚いので、どちらかというと、下火よりも上火の方が効く感じになります。

 そして完成。自家製マヨネーズと柿酢を使った濃厚なソースをかけていただきます。熱々をいただくことができるのも、薪ストーブならでは。自然の恵みに感謝しながら美味しくいただきました。