オープンガイガープロジェクトとガイガーHUKUSHIMA

「自らの手で放射線を測定する」ということにまで、原子力ムラの利権が絡んでいて、市販の測定器(特にベクレルモニターのような食品検査用の高価なもの)を購入することは、除染同様、原子力ムラを焼け太りさせることにつながる……との趣旨のことをフェイスブックに書いたら、ガイガーHUKUSHIMAのことを教えていただきました。
 以前にもこのブログでも紹介しましたが、オープンガイガープロジェクトというのは、ガイガーカウンターを作る上でのソフトやハードに関する情報をネット上で公開の元で行い、福島の人にいち早く適価で測定器をお届けしたいということに賛同する多くのボランティアの手によってガイガーカウンターを作ろう、というものです。下記のビデオニュースがこのプロジェクト(オープンガイガープロジェクト)のことを、よく紹介していると思います。

 企業名などを伏せ、このプロジェクトにボランティアで個人でかかわった人は3000人を超えるとのこと。なんだかそれを知っただけでも、この世も捨てたもんじゃないなぁ、と少し幸せな気分になりました。また、この映像の中では紹介されていませんが、iPhoneと組み合わせることで使用可能な9800円測定器は、スマートフォンの音声入力から信号を拾いFreeのアプリを使って表示するもので、これはiPhoneでなくても、音楽端末であるアイポッドタッチやiPadでも使えます。