完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


たった一本、木が倒れただけでも……。

 高気圧に進路を阻まれた台風が日本列島に居座っています。進路に近い四国、中国、関西方面の皆様、どうか十分に警戒し、お気をつけいただきたいと思います。

 我が家でも、昨晩、突風が吹いたかと思ったら、バキバキバキという不気味な音がしました。キリの木は、虫が入りやすく、洞ができやすい木なのですが、今朝、調べてみたらそのキリの木が一本倒れていました。樹高は20メートルくらいかなぁ、ちょうどそのあたりは間伐をしていなかったところなので、ヒョロ長く育ってしまった木で、倒れてみたら意外と長く、もう少しで建物にも達するところでした。周囲の潅木を巻き込んで、横倒しになっていました。木が一本倒れてきただけでも、ちらっと身の危険を感じたりしました。東北地方では、その数万倍も恐ろしいことが起きてしまったわけです。ああぁ……。

 追伸、原村役場の方とフェイスブックで友達になったら、フェイスブックに以下のような情報が入るようになりました。
「原村役場より有線放送。台風12号の被害状況を確認しています。被害に遭われた方は【原村役場:電話79-2111】まで、被害状況、氏名、連絡先をお伝えください。寄せられた情報により国への災害申請が行われます。小さな村ならではの迅速な対応。」

 このほかにも、近くにお住まいの方に倒木除去の作業協力要請なんかも、ツイッターで流されているようです。幹線道路ではない、村道や町道の通行情報など、暴風雨の際、聞こえにくい防災無線だけでなく、ツイッターフェイスブックのようなものを使って連絡を取るという方法、多くの自治体で活用して欲しいように思いました。