完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


田舎の隠れ家食堂

「東京では手に入りにくい八ヶ岳らしい食材を!」ということで、「ミョウガの白い花」だとか「赤と緑の香りの異なる二種類のルバーブの茎」だとか「ウコギの徒長枝についた太った芽」それに「サンショの未熟果」……、ヘンテコリンなものばかり持って行ったのですが、それらを次々と生のまま口に入れ、舌の上で品定めしていた料理人がいました。これが須藤さんとの出会い。
 そのときもなんだか只者ではないなぁ、と思ったのですが、あとで聞いたら、有名レストランの料理長とのこと。でも「料理長というポジションは、自分で料理を作ることが少なくなってしまい、弟子たちが作った料理の味見係のような存在で、どうもつまらない……」とそのときは話されていました。その須藤さんが料理長という地位を捨て、韮崎から少し離れた集落の中の古民家で始めたレストランが、アラカンパーニュです。

 最初にいただいたジンジャーエールを飲んで「あー、やっぱりこの人は自分で作る、ということにこだわりたかったんだなぁ」ということをしみじみ感じたのでした。レストランでウィルキンソンの茶色いジンジャーエールが出てくると「お、この店はこだわりがあるなぁ……」と思うひとが多いのではないかと思うのですが、写真のジンジャーエール、良く見てください。ウィルキンソンはタンサンなのです。自家製のジンジャーエールシロップにウィルキンソンの炭酸水を注いでいただく、というスタイル。のっけから、すっかりヤラレてしまったのでした。

 光の感じもいかにも隠れ家風。聚楽の壁には、本物の稲穂が塗りこめられていました。

 タルトの中には、標高の高いところで育つハナマメが。
地の野菜とトルティーヤのしっとり感が絶妙な前菜。
野趣に富んだゴボウの香りが鼻に抜ける肉料理……。
スミマセン、味わうのに夢中でそれらは写真を撮り忘れました。