完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


圃場・コンポスト編


↑これは初期の頃に作ったミツバチの小屋風、コンポスト。通気性に優れていて生ゴミの水分を飛ばすことが出来るのでウジ(コウカアブの幼虫)が発生しにくいのが特長です。

↑下から、完熟堆肥を取り出すことが出来ます。育苗用土などに使っています。

↑でも、ミツバチ小屋風は小さいので、処理能力があまりありません。そこで刈った草の窒素分を(もったいないから)大気中に放出しないように(アンモニア発酵=腐敗させないように)作ったのが、鉄筋メッシュを使った空中浮遊式コンポストです。太さ5mmの鉄筋メッシュ2枚で作ることができます。

↑こんな風に使います。このあといろいろ改造が施され、現在は、コンポストの脇にクランク棒が付いていて、これを回転させると底のメッシュが動いて、下に完熟堆肥が落ちてくる、というカラクリが追加されています。