完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


カタン、コロコロ、コロ。

 薪小屋の波板屋根に、栗の実が落ちる音が、静かな林の中にこだまする季節になりました。
 無農薬の栗を美味しくいただくコツは、虫食いも完品も、とにかく毎日欠かさずにすべて拾うこと。数日前に落ちた栗が混ざってしまうと、無農薬の山栗の場合、クリシギゾウムシの幼虫(の糞)が混ざってしまって味が落ちてしまうのです(幼虫自体は美味しいんですけどね)。
 そんなわけでその日に落ちた栗を見つけやすいように、栗の木の下の草刈りをしました。

↑ドラム缶は集めたイガを蒸し焼きにして、煙でクリシギゾウムシを燻煙するためのもの。この季節、林の中を白い煙があちらにフラフラ、こちらにフラフラ漂います。

↑我が家で作った今年最初の栗のお菓子は、栗あんパンでした。採れたての山栗で作る栗あん、これ、絶品です!   ……という写真を撮っていたら、イガがモゾモゾ動き出したのでした。見えるかな?

↑きょうの主役は、彼。お気に入りのイガを必死に守る、コクガワガタ君。山栗はイガの内側にも糖分があって美味しいみたいです。それを求めてコクワガタのほか、センチコガネなんかも集まってきます。越冬前の栄養補給だろうか?
 山では、ヒト、クマ、イノシシ、サル、虫……、みんなで秋の恵みを分けあいいただきます。……そんなわけで、埼玉・北本、イエローナイフ周辺のみなさん、年に一度の幻のパン?「山栗と小豆パン」がそろそろ登場するかもしれませんよぉ!