完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


クリのイガ拾いの道具

落ち葉はもちろん放置していますが、クリのイガだけはできるだけ拾うようにしています。拾い集め、一箇所にかためておくだけでもいい肥料になるのですが、でも、クリシギゾウムシの温床にもなってしまうので、なるべく燃やすようにしています。
で、どうせ拾って燃やすのであれば、ストーブで燃やし暖房用の薪の代わりにすれば一石二鳥! と貧乏くさいことを考えたのでした。
f:id:musikusanouen:20171019213536j:plain

いろいろ試してみたところ、クリのイガは一斗缶を半割りにした手箕(てみ)にストックし乾かしてやると、薪ストーブの燃料として使いやすく優秀なことが判明しました。

手箕に入れておくとストーブに入れるのに、ザザーっとワンアクションで済むのです。

ただ、手箕は片手だと持ち運びしにくいのが欠点。かと言ってひとつひとつに取っ手を付けてしまうと嵩張るし、ストーブにイガを投入する際も、取っ手は邪魔になるのでした。

そこでこんなものを作ってみました。

f:id:musikusanouen:20171019214308j:plain

着脱式の取っ手です。
作り方は簡単。少し太めの針金(番線)をテキトーに曲げただけ。

持ち手の部分の針金には廃車から外した燃料ホースを通してみました。

一斗缶の手箕にセットするとこんな感じになります。

f:id:musikusanouen:20171019214522j:plain

天ぷら廃油の回収時にいただいた一斗缶で、手箕をたくさん作っておいて、それにイガを集め、日当たりのいいところに干しておくと、意外といい焚つけになります。
ざざっと一瞬でストーブ内に投入できるのも便利。

f:id:musikusanouen:20171019214759j:plain

ところで、クリのイガは滑ってしまって意外と拾いにくいもの。
普通のトングで、はさもうとすると滑ってしまってうまくつかめないのです。

そして、便利なのは、これ。

f:id:musikusanouen:20171019215147j:plain

バーベキューなどで肉や魚をひっくり返す場合もこの手のトングが便利。使ってみると実感できると思うのですが、普通のトングとは雲泥の差なのでした。


ついでのオマケ。
ザルに針金で作った取っ手を付けただけのものだけど、これもかなり便利だったりします。マイクロトマトやシシトウなど小物の収穫に使っています。

いちいち腰を曲げずに、すっと手に取れること。毎日使う収穫カゴに必要な、大切な要素なのでした。

f:id:musikusanouen:20171019215357j:plain