軽トラ・少改造1 「鳥居にすべり止め」

 新しい軽トラ(とは言っても中古ですが)に、長モノの材を積もうと思ったら、鳥居がすべって積みにくかったので、滑り止めを付けることにしました。

↑材料は、自転車のタイヤの廃品。ミニキャブの鳥居は細いのでクロスバイクのタイヤが良さそうでした。

↑リムの硬い部分を植木鋏で切り離します。「輪」を「ストレート」にするために側面に切り込みを入れる方法もありますが、今回使ったクロスバイクのタイヤは側面がメッシュになっていたので、そのままでもいけそうでした。
強力両面テープで貼った上にさらに、要所にビニールテープを巻きました。
これで完成。

装着後、黒岩さんからいただいた廃材を運んだりしたのですが、クロスバイクの接地面は細くて面圧がかかり、いい感じでした。