完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


プレスの正しい使い方?

 オフクロが沖縄に旅行に行き、おみやげにとサトウキビを買ってきてくれました(親もちょっと変わってます)。
せっかくなので、これでシュガーケインジュースを絞ろう! ということになって、ハンドジューサーで試したのですが、サトウキビは硬くていくら力を入れてもハンドパワーでは汁は一滴も絞り出せませんでした。
 ところで……、雑誌に自動車用工具を紹介する連載ページを持っていたりしたこともあって工具フェチのわが家には、プレスなんかもあったりします。
 普通はサスペンションのブッシュの脱着などに使うのですが、自動車用には使ったことはほとんどなく(カラーを当ててハンマーで叩いてしまうことが多い)、いつも説明書にはない間違った使い方ばかり。今回もサトウキビのジューサーとして使用することになりました。

 こんな感じです。ちなみにプレスの下の水色の引き出しは廃品の一斗缶を切って、取っ手として流木をつけたもの。簡単に作れて案外便利です。詳しくはこちらからそうぞ。

 ステンレスのカップにサトウキビを入れ、その上に、薪棚からテキトーな大きさの丸太を探しだし、それをテキトーに切って、いちおう衛生上、丸太はビニール袋に入れ、こうして丸太の玉切りをピストンとして使用した、自動車用ベンチプレスでサトウキビを押してみました。結果、大成功。
 手で力を込めただけでは汁は一滴も出てこなかったのに、カップからこぼれてしまいそうなくらいジュースを絞ることができました。
シリンダーとピストンの精度をもう少し高めてあげれば、エゴマやクルミなどからも、油を絞ることもできそうです。
 汎用のベンチプレスは案外、安いので専用の絞り機よりもこちらの方がコストパフォーマンスはいいかも。
 でも、食べものをプレスすることが多いと、自動車用には使いづらくなっちゃうんだよなぁ。自動車用にはエンジン薪割り機を流用する、という手もあるのだけれど……。逆に言うと、油圧の薪割り機があれば、油とか、お醤油とか、ブドウとかも絞れそうですね。