完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


初霜、初氷、緑の中で暮らす季節。

 明日あたりまずそうだなぁ、と思っていたらやっぱり降ってしまいました、初霜。

 そして霜だけではなく、初氷も。

 麦を蒔こうと耕しはじめた畑も、雪が降ったかのように真っ白。

 いまが一番おいしいトマトも、屋根下以外は全滅。里芋もサツマイモも、チリもピーマンも、バジルもそれにハキダメギクも、葉っぱがしおれてしまい、昼ころには真っ黒になっていました。
 一方、寒さに強いのはレタスやアブラナ系。それにセリ科。サニーレタスは一度くらいの霜なら問題なし。
赤からし菜(アブラナ科)もしおれるけれども、昼になると持ち直します。

↑サニーレタスの左側はパセリ。パセリやコリアンダー、それにニンジンなどはセリ科で、セリ科も寒さにはかなり強かったりします。
 その一方で、カボチャの仲間はどうも寒さが苦手。

↑これはズッキーニ(ウリ科カボチャ属)。きのうまでは元気だったのに、葉は縮れ、茎だけが目立ちます。まだ小さいけれども実をそうそうに収穫しないと、シモゲているので早く傷んでしまいます。

 ルバーブ(タデ科ダイオウ属)は暑さにも弱いけれども寒さにも、それほど強くはなくて、一度くらいの霜ならどうにか復活しますが、二度目以降、霜に当たると茎がシナーっとしてしまいます。でも、まだどうにか持ちこたえてくれているので後まわし。明日以降に収穫することにしました。

 急いで収穫しなければいけないのは、チリやシシトウなどのナス科植物。凍って透き通ったような色になってしまったシシトウは、その日のうちに収穫して食べないと、美味しくなくなってしまいます。

↑シシトウは、葉がすべてうなだれ、柳のようになってしまいました。一方、手前はのらぼう(アブラナ)。「霜なんて関係ないね」という感じで葉がツヤツヤしています。
 レモンやグアバ、アボガド、マルンガイ、バジルやチリ、レモングラスナスタチウムなどは、掘りあげて鉢上げしました。
 でも、すべての植物を掘り上げられるわけではなくて、可哀想だけど救出できない個体もでてきてしまいます。ゴメン!

 ことしもまた、チアシードはタネをつけるまでに至らず、霜の季節になってしまいました。

 この季節、おかげで玄関や居間は、植木鉢だらけ。これから外は茶色な冬枯れ風景だけど、家の中は植物たちが肩を寄せ合い、緑があふれるのでした。