完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


春の雨

 都会では、あいにくの雨……、かもしれませんが、ここ八ヶ岳では恵みの雨。もしかしたらあと1回くらい雪が降ることがあるかもしれないけれども、今回の雨は明らかに春の雨、恵みの雨でした。
 キノコという秋を連想する人が多いと思うけど、実はシイタケの旬は春だったりします。ほかにもアミガサダケなど、春には春ならではの美味しいキノコがいくつかあります。

 この雨で肉厚な美味しいシイタケが傘を膨らませてくれました。さっそく、バターソテーでいただきました。
 カンゾウもちょうど食べごろのサイズに。

 群落の混みいったところから間引いていただきます。奥のボールはビニールトンネルの中でどうにか冬越ししたレタス各種。

 木の芽も(サンショの芽)も、いまが食べごろ。

 林床ではウコギがもう、芽をふくらませていました。徒長枝についた大きな芽はこの頃が一番美味しい時期だったりもします。

 整枝剪定を兼ね、枝ごと収穫してきて家の中で芽を外します。


 夕食には、春の恵みの数々を、ありがたくいただきました。雑木林の恵みに助けてもらい、自然に生かしてもらっていることを実感させられた春の宵でした。