完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


5分で作れる簡単便利な炭火焙煎器

 鹿肉のパストラミジャーキーはとても美味しかったのですが、ひとつだけ欠点があるとすると、それは「時間がかかる」、ということなのでした。約3時間、スモーカー内部の温度を70度前後に維持する必要があります。薪が燃料なので、その間、どこか別の場所で他の作業をしている、というわけにはいきません。ときどき、温度計を見ては、薪を足したり、スモーカーのフタの重ね具合で内部の温度を調整したり……、その場を離れて違うことをする、というのはちょっと難しいのです。
 でも、基本的にはその3時間はヒマ。その間に何か他の火遊びを! と浮気心が芽生えても不思議ではないのでした。ということで、以前から作ってみようと思っていたコーヒーの炭火焙煎器を作ってみました。
 で、出来上がったのが、これ。

 主な材料は100円ショップで購入したザルです。ふたつのザルを組み合わせて、マカロンのようなものを作っただけ。

↑蝶板側の固定には、事務用のクリップを2個使用しました。

↑もう一方の固定は、小型のロッキングプライヤー。普通のプライヤーでも良さそうだけど、ロッキングプライヤーだと力を入れて握っている必要がありません。いずれも、家にあったものをテキトーに組み合わせただけ。ザル同志の座りがいいように、接触面をアンビルの上でハンマーで叩き、断面を丸から四角に変更したけど、それも必ずしも必要ないかも?

↑以前はこのタイプを使用していたのでした。これでも焙煎はでないことはないのだけれど、上面がフラットなのでフライパンを返すようにしてコーヒー豆をうまくひっくり返すことができず、一度に焙煎できる豆の量も少ないという欠点があったのでした。

↑さてさっそく、自作ロースターでコーヒー豆を炒ってみます。豆はイエローナイフ山辺さんからいただいたクイーンズ・スマトラ。以前のロースターの倍以上の量をいれてもこんな感じ。

↑鹿肉スモークを作っているカマドから、オキを角型七輪にとりわけ、これを熱源にクルミの薪のオキで炭火焙煎します。

↑途中サボって、火の上にかけっぱなしで用事を済ませてしまったりしたのですが、それでも結構いい感じにローストできました。
 プライヤーと事務用クリップさえあれば、216円で作れる炭火焙煎器、かなりオススメです!