菅原文太が命をかけた最後の1弾(いっぱつ)

実はこのときすでに、立っていることがやっとだったらしいです。
先月、11月1日の沖縄、病をおしての感動的なスピーチ。



「タマはまだあと一発、残っとるがよ」
あらためてもう一度見ても、ひとこと、ひとことに、胸が熱くなります。

「まあ、そうは言っても……」と腰砕けさせたあとの、優しい心配りもクール!
ひとりでも多くの人に見ていただきたい命をかけたスピーチです。
最後まで、カッコ良かった!


文太さんのようにはカッコよくはいかないけれど、
でもボクらも一発、14日には撃ちこんでこようと思います。
合掌。