どうにかワイパー、動きました!


 どうやってもワイパーが動いてくれず、これはもう、明日の車検はダメか? キャンセルの電話をしないとなぁ、などと思っていたのですが、どうにかギリギリでワイパーが動いてくれました。

 嵐の中、林の中の部品取り車からワイパーモーターを外してきたのですが、これに付け替えようとリンクを外していたら、リンクがどうも固着してしまっているようなのでした。そこでハンマーで叩きながら遊びを作り、外していたのでした。
 あまりにひどい固着もので、もしかしたらこのリンクの固着が原因では?と思い直し、電気を流してみたら、モーターがほんの少しだけですが動いたのでした。
 その後、少しずつリンクの固着をとってやったら、ドナーのモーターに交換するまでもなく、元々付いていたモーターが動き出してくれたのでした。ワイパーが動いたというだけのつまらないことだけど、動き出したモーターをみた瞬間、からだ中に喜びがジワァーと充満されていくのを感じました。幸せに生きるためには、こういうのが大切なんだよねぇ。

 あとは時間をかければどうにかなる作業。とはいえ、その後もまだまだ手間のかかる作業が続きます。ボロボロのワイパーゴムを交換。このクルマの部品はすでになく、いまのクルマとはワイパーの形状が異なるのですが、ツメの幅を詰めるなどして、それを強引に移植します。
 もうひとつは、動かない純正の水温計の代わりに、新たな水温計をセット。これには照明の配線などもあって、結構、手間がかかってしまいました。
 そしてようやく先ほど、水温計も無事セット完了。油圧計も純正の物は動かないので油圧ラインに圧力スイッチを付けて、赤いモニターランプで管理することに。
 キャブのセッティングをするほどの時間がなかったので、まだどうも、低回転域のツキが悪いのだけれども、まあそれはそのうちゆっくり楽しもうと思います。
 あす、どうにか車検、受かるといいなぁ……。