完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


象牙海岸。

 ほぼ無回転でゴールネットに突き刺さった本田の先制ゴールに匹敵するぐらい、いや正直に白状すると私にとってはそれ以上に衝撃的だったのは、そのときチラッと映ったコートジボワールのベンチの映像でした。

 相手チームの素晴らしいゴールを、しかも相手の先制ゴールなのに、それに拍手ができるくらいクールな人たちが住む国が地球上にあることを知ったら、なんだか胸が熱くなってきてしまったのでした。
 でも、そんな人たちが住む国であっても、紛争が起こってしまっています。長い間、仲良く暮らしてきた人たちなのに民族の違いを利用され、一部の人の権力や利益のために紛争や戦争は起こってしまいます。

コートジボワール」はフランス語で、和訳すると「象牙海岸」。
こんなにクールでカッコイイ人たちがいる国なのに、先進国と呼ばれる国々による搾取に翻弄されつづけています。
 コートジボワールの英雄、ディディエ・ドログバ。彼を紹介する動画、ぜひ御覧ください。