完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


小口さん、山本さん、ありがとうございます! ついに動き出しました!


 化石燃料を使わない実用車、ということで娘がかねてから欲しがっていたディーゼルテーラー。地元集落の山本さんから連結するトレーラーをいただき、そしてOT読者の小口さんから、ディーゼルティラー(耕うん機)をいただき、ついに動き始めました!
 ロータリーが外れなかったり、トレーラーとティラーの接続がうまく行かなかったり、トレーラーのブレーキが固着していたり……、問題も少なからずあったのですが、多くの人の善意に支えられ、ギブ&ギブンでテーラーが動き始めました。

↑一段と鮮やかなオレンジの部分。この部分は本来プラスチック製だったのですが、破損していて、それを小口さんが鈑金し溶接して、金属で作ってくれたのでした。当初はロータリー部分がはずれず苦戦したのですが、ロータリー部の遊びを詰めるセットボルトを緩めたらロータリーははずれました。
 でも、トレーラーとティラーを連結する部品がなくて困っていたのですが、それも小口さんが高校生の頃、乗っていたというテーラーの部品を外して譲っていただいてしまったのでした。ホント、なにからなにまでかたじけない。

↑で、どうにか形になったディーゼルテーラー。レバーをひいてデコンプを作動させ、その状態でクランク棒をグルグル回し、勢いのついたところでデコンプをはずすと、見事に、ポンポンポンという400㏄単気筒ディーゼルエンジンは目覚めたのでした。

↑テーラーはトレーラーなので、バックが難しい……。

 でも少ししたら、こんな感じ……。若者は覚えが早いのです。

 まだエンジンは純正のままで、化石燃料仕様ではあるけれど、今後、天ぷら廃油仕様に改造し、田んぼへの通勤快適号として使用する予定とのこと。荷台が低いから、管理機やバインダーを運んだりするのにも便利そうで楽しそう……。
 山本さん、小口さん、ありがとうございます!