完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


今年もよろしくお願いいたします。(年賀欠礼)

 初日の出の撮影に成功しました! 
とは言っても、スミマセン、ベッドからちょこっと抜け出し、寝室わきのテラスから撮った初日の出です。
 毎日、こんなに美しいところに暮らしてしまっていて申し訳ない……とはいえ、このあたりに住む人たちは、みんなこの景観の中で暮らしています。
 便利も楽チンだけど、不便も楽しくて、ときに美しいですよ。

 送電線の向こうの初日の出です。
この送電線は、このまま60ヘルツの長野を貫き、新潟まで延びています。でもたぶん、いまは電気が流れていません。新潟の知事が頑張ってくれているから。
 昨年後半は特に「まいるなぁ」と思うことが結構あったけど、でもそれに打ちのめされることなく、今年は特にいいこと、素晴らしいことにできるだけ目を向けていきたいと思っています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。     わたなべやまひこ


新年早々、大分のうみひこさんから、美味しいいただきものが届きました。
最近、大分と八ヶ岳で、物々交換をさせてもらっています。
日本円によらない消費税のかからない取引き、今年はもっと進めていきたいと思っています。だって、我々が払った税金で原発再稼働させたり、リニアを作ったりではたまらんもん。そしてなにより楽しいし、うれしいし。