完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


明日は……地域通貨の収穫祭。

 国という組織を手に入れた権力者たちは、我々から吸い上げた税金を使い、それを大手広告代理店に払って、スポンサーを通じて圧力を掛けてくる時代に勇気あるテレビキャスターたちが立ち上がった、というちょっとシリアスなブログを書いていたら……、階下からなんとも言えないいい香りがしてきたのでした。

 明日は地域通貨「わくわく」の収穫祭がお隣のおおえまさのりさんの家で行われます(とはいえ歩いていくと40分くらいかかるのですが)。その際、どうにかして次の海外留学の資金を荒稼ぎしようという娘が、家で採れたコリアンダーシードをフライパンで炒ってそれをすり鉢でパウダーにしていて、それが匂ってきたのでした。
 薪ストーブの上には大量のタマネギ炒め……。明日のメニューは、フィリピンのバギオで教えてもらった地元料理チキンティノーラと、南インドの英語&インド料理学校で教えてもらった魚のカレーだそうです(そこに炒ったコリアンダーパウダーが使われるみたいです)。ご飯はぬかくどで炊きます。
 出来上がったものがおいしいかどうかは知りませんが、匂いはまあ、とりあえず素晴らしい! そしてそれがいま、家中に充満しています。
 というわけで、直前ではありますが、収穫祭のお誘いです。
たとえ日本円を使ったとしても、少なくとも消費税を介さずにすむつどい、地域通貨わくわくの収穫祭が明日、行われます。場所は、〒408-0317山梨県北杜市白州町下教来石489
地図はこちら
 参加は自由。誰でも参加できます。
 午前10時頃からわくわく時間(かなりルーズ)で、ボチボチはじめます。
今年採れたもち米でお餅つきをしたり、ミュージシャンの人たちが音楽を奏でてくれたりします。そうそう、KUMAさんが、遊棒パンをやってくれるという情報も入ってきています。
 また今回は夕方、暗くなるころからは、おおえさんが執筆された『魂のアヴァンギャルド―もう一つの60年代』出版記念として60年代アメリカでのドキュメンタリ映画の上映などもあります。夕方はかなり寒いです。暖かな装いでどうぞ。
 参加は無料(でもフィリピンの地料理や南インドのカレーを食べようとするとお金を取られたりします、でも少なくとも消費税はフリー)。
 ギブ&ギブン。収穫の喜びをみんなで分かち合う収穫祭です。もしよければ、どうぞお出かけください。マイカップ、マイハシ、マイスプーンなどを持ってきていただけるとありがたいです。