完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


パッシブ地球ハウス計画


 きょうは合板、換気扇、廃材などを使って、こんなものを作ってみました。

 夏の暑い日、アスファルトの温度を測ってみたら43度Cでした。一方、凍結深度以上に掘って作られた新しい家の基礎のベースコン(地下約90cm)は19度Cでした。地下5mの温度は17度C前後で夏も冬もほぼ一定というのは聞いていたけど、1mほどのところでもこれほど温度が違うとは意外でした。
 そこでこの地中熱をつかってやろうと思ったわけです。そして作ったのが今回のパッシブ地球熱交換器。

↑実際にはこれを、裏返して使用します。基礎用ベースコンクリートの熱をできるだけ拾い集めることができるように、ベースコンの上に少し浮かせた状態でコンパネをセットし、できるだけベースコン近くの熱を拾いあげようという魂胆。床が貼られてしまう前に、床下にこれを仕込んでおきたかったので慌てて作ったのでした。
 果たしてうまくいくのか? もし温度を測定して効果があるようだったら、少し枚数を増やしてみようかと思っています。いまから来年の夏の楽しみがひとつ増えたのでした。これにパッシブソーラーを組み合わせれば冬も使えるかも?