完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


小淵沢のエヌサーティ、「こぶダイニング」として復活!

 道のすぐ脇に大きなクルミの木があって駐車場までクルマが入れない……だとか、大滝湧水の地下水がすぐ近くを流れているので浄化槽の放流水が心配……だとか、次から次へと難問が現れ、しかしそれらをひとつひとつクリアーしてエヌサーティ、完全復活です。お店の名前も新たに「こぶダイニング」として生まれ変わりました。
「こぶ」? 最初に連想したのは野中シェフの頭のカタチ(とても美しい楕円錐形なのです)だったのですが、そこから取ったわけではないそうです。
「こぶちざわダイニング」を短縮して「こぶダイニング」。野中さんが大まじめに言うものだから、おもわずコップの水を吹きだしそうになりました。
 で、その「こぶダイニング」は、緑に囲まれた小さな青いお店です。「大滝湧水」の近く「きむら木工房」の裏側を走る小さな道をはさんだ向かい側にあります。



 肉汁がジュワーと浸みでてくるシンプルハンバーグ。

注文があってから、ペタペタペタとこねる野中シェフの手ごねです。
 付け合せの新鮮な野菜もこれまで通り自家製。ダイニングのすぐ隣が野中さんの畑で、エヌサーティの頃からここで採れた新鮮な野菜を提供してくれていたのですが、今度はまさに産直。余分に収穫しておく必要もなく、足りなくなったら畑から採ってくるなんてことも可能になりました。

 そしてこちらはトゥデイズスペシャルのチキン料理。

この日はチキンのソテーの夏野菜添えでした。あのカリッとしたチキンが再び食べられるのがうれしい。

 小さなお店だけに、あんまり宣伝したくはないのだけれど……体調を崩されて突然閉店してしまったエヌサーティがこうしたカタチで復活してくれたのがうれしくて……。