完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


八ヶ岳の日


 ほぼ毎日、目にしていて見慣れた八ヶ岳ですが、それでも一年に何回か、ハッとさせられるくらい美しい日があります。そしてきょうがその日でした。

 きょうは、突然用事ができて、隣町まで行くことになりました。雪が消えたので天ぷら油ジープ始動です。というのも、バタバタしていてジープはまだスタッドレスに履き替えていないのでした。

 今のクルマから比べると、壊れているのではないか?と思うくらいに重いパワーユースステアリングですが、でもどうにかハタチの娘が乗りこなしています……。

 三が日、いろいろあったようで、動物病院は犬やネコやウサギで満員。でもここの病院は、ゆったりと日なたぼっこしながら待つスペースがあります。おかげで久しぶりにゆっくりと本を読む時間ができました。
 このところ、毎日のように我が家にキツネがやってきて、犬のテリトリーに糞をしていきます。そのため目を離すと犬はそれを体になすりつけたり、食べてしまったりするのです。そのせいか、体をかゆがりだし、疥癬(かいせん)が移ってしまったのではないかと心配になって、動物病院で診てもらいにやってきたのでした。疥癬を媒介するダニを殺す飲み薬と、ステロイド剤を処方してもらいました。

 隣町の富士見町(長野県)にはショッピングセンターがあって、そこには本屋さんがあったりします。私たちの住む白州町には(和書を扱う)本屋さんがないのです(洋書屋さんはあったりします)。我が家の西隣りも北隣も作家さんで、作家やライターの人口密度はかなり高いのですが……。
 そして、富士見の本屋さんはそのすぐ裏が八ヶ岳だったりします。たった20分走っただけなのですが、八ヶ岳の見え方はガラッと変わります。