完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


インスタントのトムヤンヌードル+トマト

 家族が出かけたので、きょうのお昼は久しぶりに、ひとりで食べることになりました。
 さて、何を作ろう? 
 こんなときは、(オシッコが香ばしくなるくらいに)たっぷりグルタミン酸ソーダの効いたジャンクフードをいただきます。
 ひとり暮らしの先達、村松さんのオススメは、100円ローソンから御用達のタイカレーの缶詰めですが、100円ローソンはおろか、普通のローソンも近くにないので、以前に竜王のカルディで買ったインスタントヌードルをいただくことにしました(賞味期限は1か月以上過ぎていたけど、まあ、見なかったことにして)。
 アジアンインスタントヌードルとしては定番の、ヤムヤム トムヤンヌードルです。

↑ヤムヤムのトムヤンヌードルには、「クチビル」パッケージと「ナミダ」パッケージの二種類があります。どちらも美味しいのですが、きょうは、濁ったスープのナミダパッケージをいただきました(クチビルパッケージも同じくトムヤンフレーバーなのですがこちらはスープが透き通ったクリアタイプです、たしか)。
 鍋を弱火でかけて、お湯が沸くまでの間に、レモングラスを採りに畑に走ります。ついでにコリアンダー、タイバジル、ミント、ドクダミ、ネギ、それにトマトを収穫し、刻んで入れます。
 で、できたのはこんな感じ。レモングラスがたっぷり増量され、ベトナムのホーのように香草をたっぷり入れながらいただきます。このところ、納豆をはじめ、味噌汁などいろいろなものにトマトを入れるのが好評(まるじゅんさんありがとう!)で、ぜひオススメしたいのは、アジアンインスタントヌードルにもトマトを刻んで入れること。酸味と甘みと旨みが追加されて、味がナチュラルになり、かなり美味しくなったように思いました。