官邸前のあじさい革命、賛同します!

 いくら人が集まって抗議しても、NHKは報道してくれないので、ならば自分たちで伝えよう!と、広瀬隆さんが自腹でヘリをチャーターし、岩上チャンネルなどを使って報道してくれるようです。
 たくさんの人が集まったとしても、暗くなってしまうと空からは見えなくなってしまうので、懐中電灯や携帯電話の照明などをヘリに向けてアピールすることになっています。
 文学者でエッセイストの池田香代子さんによると、あじさいの語源は「集真藍(あずさあい)」。青い花がたくさん集っているさまを表す名前。「まるで脱原発に集るわたしたちのよう!」とつぶやいています。
 できれば、青い服を着たり、青い布を照らしたりして、空から見ると、官邸や国会の周囲にあじさいのの花が咲いたようにしよう……という案もあったのですが、ちょっと周知が間に合いませんでした。
 でもいま官邸前の歩道にはこんな看板が設置されているとのこと。なんだかいまの日本を象徴するようなこの看板。

歩道より先に「傷んでいる政治家の心を直す工事をして欲しい!」