完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


どんなバラエティ番組をも凌駕する、最高に笑えるコメディ映像の紹介です。

増税したらその分は、みんなシロアリに食べられちゃうらしいです。
権力さえ、手中に収めることが出来れば、どんなウソでもつく、
それが日本の政治家の実像なのではないか?と本気で心配になります。
こんなメチャクチャな嘘つきに、
我々は原発に関しての委任状を渡した覚えはありません。
とにかく消される前に見てください。
最高に、笑えます。でも、次第に悲しくもなってきます。

そしてきょうもコントを連発。
「国民の生活を守るために、豊かで人間らしい暮らしのために原発を再稼動する」のだそうです。
忍耐強い福島の人たちもこんな言葉をいまこの時期に聞かされたら、
暴発してしまうのではないか? その方が心配になってしまいます。

しかも、サッカーの時間に合わせてみたり……、
(人が集まれないようにと)官邸前の歩道の敷石の張替え工事をちょうどこの時期にやってみたり……、
やることがあまりにも姑息。

どうしてこんな人が首相になってしまうのだろう?
いやこんな人だからこそ、引きずり降ろされることもなく、
首相の椅子に座っていられる、という見方もできますね。

知らなかった。
政治っていうのは、コメディだったのか……。