薪ストーブの灰、311後白州ステンのデータを追加します。


311後伐採の白州の薪、GM管(J408)をステンレスパイプで被覆した状態で3時間測定しました。そしてその測定値です。77.58±0.41cpm

薪の伐採された場所に関しての追加情報:
 ここで「立科」として表示している灰に関して、灰の元になった薪を販売した長野県の業者は、立科産と言っていたのは勘違いで、実は群馬県の嬬恋付近で伐採された薪であったと長野県が問い合わせしたところ、証言を変えたとのことです。