完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


なんとも美しいロケットストーブが出現、版築とロケットストーブの融合1

 ロケットストーブは燃焼効率に優れ、しかも熱交換部をベンチや床下など低い位置に設定できるので効率的でもあり、燃料も焚き口に立てておくだけでオートマティカリーに供給されるし、燃費も良くてカーボンニュートラルだから地球にも優しい……のだけれども、ひとつだけ大きな欠点があります。それは、ちょっとばかしカッコが悪いこと!
 オリジナルのロケットストーブは、ダウンドラフトの部分にドラム缶を流用することが一般的で、それ自身は廃物利用でもあり環境負荷は小さいのだけれども、裏返しで使用されたドラム缶というのは、残念ながら、なんともカッコ悪いのでした。
 しかしそれを覆すロケットストーブが現れたのです。それが、建築工房「藁」の杉山さんが作った版築ロケットストーブ。これ、ホント美しい。しかもとっても機能的だし、基本材料は材料が土と砂で、レンガなどの市販品に頼らずに作れる……という点も素晴らしい。

↑これが版築ロケットの全景。横引きされた煙突部分が熱交換部で、ここを床下にセットしたり、あるいは版築でベンチを作るなどさまざまな方法で排気熱を有効利用することが出来そうです。

↑燃料の薪は写真のように、焚き口に木を立てかけておくだけ。不思議なことに、下から燃えていきます。
 しかも、上の写真は一号機。すでに新しいタイプの2号機、3号機が杉山さんの頭の中にはあるようでした。さらに杉山さんの素敵なご自宅は、古畳が壁面の断熱材として使われていたり、ツーバイ材をログのように使う工法を編み出したり……、ストローベイルの一人者でもある杉山さんはとにかく研究熱心で、なおかつアイデアマンで、しかも行動力があるので、こちらが面白そうだなぁと思うことの多くをすでに実践されていたりするのでので、ホント、お伺いすると、時間がたつのを忘れてしまって、お忙しいのに長々お邪魔してしまってスミマセンでした。
 とにかく多くの人にこの美しいロケットストーブを一刻も早く知ってもらいたくて、ここで紹介させていただいたのですが、詳しくは、杉山さんのブログをご覧いただければと思います(杉山さん、勝手にブログ紹介してしまってスミマセン)。
 写真をたくさん撮らせていただいたので、ブログや雑誌でも少し落ち着いたら紹介させていただきたいと思っています。というわけで、ジョウビタキがやってきたので、とにかく一刻も早く麦のタネをまかなければ……これからひとっ走り横手まで、鶏糞をいただきに行ってきます。ではまた。
 追伸:やっとどうにかタネまきの下準備、終わりました。鬼塚さんから鶏糞と卵を分けてもらい、まずは草を刈ってロータリーモアで粉砕し、そこに鶏糞と米ぬかと薪ストーブの灰を蒔きます。その後、天ぷら廃油トラクターを引っ張り出してきて耕転し(バッテリーが上がっていてなおかつ配管にエアが噛んでいて、ここで少し時間をロス……)、鶏糞と草と米ぬかと薪ストーブの灰を土に混ぜあわせました。トラクターで耕さない方法もあるだろうけど、小麦のようにある程度の面積に蒔く場合は、あとの管理を考えると面倒でもこの時点で耕しておいたほうがいいように思います。それともうひとつ耕転するとゴンベイのような播種機が使えるというメリットもあります。

 作業がひと段楽するころ、畑の向こうに赤く染まった八ヶ岳が浮かび上がり、周囲の空気もピンク色になったのでした。明日はオーガニックシアターによるレイチェルカーソンのセンスオブワンダーの公演がKumaさんの家であります。楽しみだなぁ。