完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


久しぶりにトマトをいただきました!

 きょうは久しぶりにトマトをいただきました……。
昨年の秋、路地では冬を越すことのできないハーブたちを、鉢植えにしました。植えた当初はこんな感じ↓。植木鉢は小さなカートのタイヤを裏返し、取っ手は自動車のファンベルトを取り付けたもの(廃タイヤの植木鉢作り方はこちらをご覧ください)。中に入れる土は生ごみ堆肥が主体です。ところが、この生ごみ堆肥からトマトが発芽してしまったのでした。

で、ナスタチウムと共に、そのトマトはどんどん大きくなっていったのでした。

↑真ん中あたりにはバジルも育っているのですが、ナスタチウムとトマトに圧倒されています。

↑太陽の恵みは素晴らしい! 春になって外に出し、日に当てるようにしたら、ついに赤い実ができたのでした。

小さなトマトを三等分、家族三人でいただきます。昨年の11月以来、久しぶりのトマトだったからか、それぞれ「私が食べたところが一番おいしかった!」などと申しております。というわけで、タネとりしてみることになりました。形としてはマイクロトマトとアイコが混ざった感じ。新品種マイコ? 異種間雑種のF1ですが、うまく形質遺伝してくれるのだろうか? 以前、育てたプリンスメロンかぼちゃは、メロンのように生のデザートではおいしくないし、かといって煮物でも不思議な味でした。でもこれが自家採種の楽しみでもあります。はたしてどんなトマトができることやら……。