完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


震災関121 天ぷら廃油自動車の活躍

 少し前にWVOの仲間から、電話がありました。大船渡からでした。WVOというのは「ウエスト ベジタブル オイル」の略です。天かすをとりのぞいただけのストレートの天ぷら廃油を燃料として、クルマを動かしている仲間たちがいます。被災地では、化石燃料が足りない、とのことなので、食堂や食品工場、スーパーの惣菜売り場、ホテル、レストランなどから燃料を調達することのできる「天ぷら廃油自動車」を急きょ、送り込むことになりました。二台で行って23日まで二台で活動し、一台を置いて帰ってくる計画です。
 電話によると現地では24日までに身元が確認できないご遺体は、一括して荼毘にふすということが決まり、現在、急ピッチで身元の確認作業が行われているとのことでした。そうしたご遺族の方たちの足として、二台の天ぷら廃油自動車は大活躍してくれている、とのことでした。
 また、現地からの連絡によると、被災地で必要とされているものは、刻一刻と変わっている、とのことでした。天ぷら廃油で世界一周をはたした山田周生さんが、ひと足早く被災地に入っていらしていて、ツイッターからリアルタイムの情報を流してくれています。
周生さんのツイッター

また、夜にはブログから詳しい情報や状況を発信してくれています。
山田周生ブログ

たいへんで、厳しい作業が続いていることと思います。
山田周生さん、そしてWVO車を運んで行ってくれたおふたり、
さらには現地で働いてくれているみなさん、
本当に、本当に、ありがとうございます。