完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


これなぁ〜んだ? 田舎暮らしの必需品?

さて、これは何でしょう? と言われてもこれだけでは普通はわかりませんね。



こうして、関連付けると分かるかなぁ……。

 使い方のコツとしては、これは土を掘ることだけに使います。これで穴を掘ったあと、ブツを穴に入れるのは、そのあたりにある草の茎(よく枯れたヨモギが最適)を使います。ヨモギの茎は二本折り取っておはしにして使います。この道具はあくまで穴掘りだけに使用します。

↑竹製なので意外と丈夫(クリックで少し大きくなります)。
 このあたりでは、散歩のとき、小さなスコップを一緒に持ち歩く人が多いんだけど、これをリードに付けておくか、ポケットに忍ばせておくと、結構便利。野良鍛冶の田村さん、折りたたみ式「たむの守」の土掘りバージョンというのを作って売ったどうでしょう? 案外、売れるかも?
 というわけで、今回は「プロジェクト犬のうんこ」でした。
 ビニール袋に入れてゴミに出したり、下水に流すよりは、マシだと思うんだよね。排泄物はできるだけその場で的確な処理をする、これ案外大切なことなのではないかと思うのです。