完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


ピンチ!……ひょっとして井戸枯れ?

今朝、起きたら、蛇口から水が出ませんでした。
井戸小屋に行くと、ポンプはうなりタービンは回っているのに水があがってきません。ジェットポンプなので呼び水を汲んできて、押し出し側のパイプに入れたのだけれど、やっぱりそれでも水はあがってきませんでした。
困った……。

電気コードを2本、井戸の中にたらし、テスターで抵抗を測ります。
コードを最後まで15mたらしても抵抗値に変化はありませんでした。
つまりコードを全部たらしてもコードの先端が水に接触しない、ということ。

下のグラフは2008年の7月、近くのジュース工場がこの近くに業務用の井戸を掘る際、周囲の井戸に影響がないか?ウチの井戸の水位を調査したときのグラフです。この頃の水位は5m前後を推移しています。

結局、その業務用の井戸は試掘のみで使わないことになったのですが、そのとき以来、水位が少しずつですが下がっていて気になっておりました。家の近くにはジュース工場とは別に、ミネラルウォーターの工場もあって、たくさんの井戸を掘っています。
きょうは、15mのコードを全部降ろしても水に届かなかった……ということは、2年で少なくとも10mも水位が下がってしまったことになります。
とりあえず、上水道に配管をつなぎかえ、急場をしのぐことにしました。滝のように汗をかき、そしてやっとさっき、生ぬるい水が出るようになりました。この忙しいのに、おかげで昼間の時間はまるまるつぶれてしまいました。仕事がひと段落するまでは、井戸はこのまま。田舎暮らしでは、突然、こうしたことが起こるのです。こうして、先送りされた雑事がどんどんたまっていきます。
まあ、仕方ないけど……、枯れてしまったんだとすると、困るなぁ。