電気自動車

電動ケットラ充電物語part3 「天ぷら廃油で走るハイブリッド軽トラ登場?」

電動軽トラをなんとかして天ぷら廃油(再生可能エネルギー)で走らせたい、と思い、中古の電動ケットラに付いてきた単相交流200V用の充電ケーブルを小細工していたのでした。交流100Vでも充電できるようにならないものかと悪あがきをしてみたり……。 アダプタ…

電動ケットラ充電物語part2 単相200Vコンセントを作る

ウチから距離にして6kmくらい離れたところに道の駅があります。娘がハーブ、母が漬物などを出荷させてもらっているのですが、電気自動車の場合、ウチからそこまでうまく走ると、家を出たときより航続可能距離が伸びていたりするのでした。エンジン車にはな…

電動ケットラ充電物語

足グルマであるジープは天ぷら廃油で動いてくれるのですが、農的な暮らしをしていると、どうしても軽トラが必要だったりします。燃し木(薪)を運んだり、田植え機や脱穀機の運搬、それに大量の落ち葉やモミガラを運んだりすることもあるわけです。 でも軽トラ…

EV軽トラとトラクションコントロール

降ったものだから、ついつい遊んでしまったのでした。 エンジン車のように車輪の回転を知るための特別なセンサーを付ける必要もなく、車輪に生じるトルクの変動の把握と変更が比較的容易で、エンジン駆動の車両と比べ入出力の応答が速い、しかも変更はプログ…

インドのバジャージベースの三輪EVが日本で型式認定されたらしい……。

待っていたものがついに現れたか? [ 電池はリチウムイオンらしい。 モーターは4.5kW×2で左右で逆回転が可能とのこと。 (ジャメ・コンタント・オマージュは4輪車だから独立操舵である必要があったけど、3輪だったらその必要もなく、前輪支点でも回転が可…

圧縮空気をエネルギーベースにするロータリーエンジンの可能性。

2分で満タンにすることが可能とのことで、満タンからの航続距離は約100㎞。、最高速は140㎞/hという圧縮空気をエネルギー源にするバイクが登場したとのことです。しかもこのバイク、カッコイイ! 詳しくはこちらのニュースをどうぞ。 ニュースでは逆のこと…

独立操舵&独立駆動という可能性

以前、オールドタイマー誌で「ジャメ・コンタント・オマージュ」という電気自動車を紹介させていただきました。1899年に、世界で始めて時速100キロオーバーを達成したクルマはジャメ・コンタントという電気自動車で、そのジャメをオマージュしたのが上記の電…

原動機付き4輪車というカテゴリー

長野県の原村で、日本EVクラブ主催、八ヶ岳ヒューマンエナジーの協力による「ジャメ・コンタント・オマージュ」という電気自動車の組み立て講座が行われ、その様子を取材させていただきました。ジャメという車両、それに組立教室というイベント自身もとて…

■超小型太陽光発電所を普及させたい!■

↑移動可能な超小型太陽光発電所? ↑「ルリボシカミキリの青」……いつも見つけるたびに、ハッとさせられます。ルリボシカミキリはなぜこんなにも美しい瑠璃色をしているのでしょうか? 薪を運ぶ手を止め、それを考える余裕のある生活と、スイッチひとつでお湯…