農的暮らし

ユスラウメにも使える、サクランボのタネ取り器

ある日、庭先に、ムーミンに出てくる怪獣モランのような緑色のオバケが登場したのでした。 無農薬で完熟サクランボを収穫する最大のポイントは、これではないかと思っています。甘ーい匂いに誘われ、カメムシが大挙してやってくるまえに、木全体をネットで囲…

自給から地給へ、幸せな食卓

今年も諏訪養護学校の高校生たちがとびっきりの笑顔と共に、遠足に来てくれました。麦畑を見学しライ麦の茎でストローを作ったり、太陽光で発電した電気で玄麦を製粉したり、天ぷら廃油ジープの排気ガスの臭いをかいだり……好奇心旺盛な子が多くいろんなこと…

マハロなゴールデンウイーク。

刺激的なゴールデンウイークでした。 快晴の八ヶ岳山麓に突然出現したなぞのUFO。 自動車を津波用のシェルターとして利用できないだろうか?という計画、着々と進んでいます。今回はゴアテックスシートにファスナーをつけ、車体の全面を覆い、下部にはプ…

キクイモの墓標?

このところ毎晩、イノシシの襲撃を受けています。ネットを噛み切り、あるいは鉄筋メッシュを押しのけて入ってきます。穴は毎日補修するのですが、そこに行けばエサにありつけるということを一度学習してしまったイノシシに柵やネットはあまり意味がありませ…

山梨のいいところは冬があること……?

春から秋までは農作業が主体となるので、それ以外のことの多くは「冬のお仕事ね」と言って、なんでも先送りして過ごしていたのでした。 でもまだ冬にやろうと思っていたことの3分の1もできていないというのに……なんとなんと、窓の外は雪がとけ、家の中はこ…

排気量52cc、ブレード長20インチ(50センチ)で、新品9800円のチェーンソー

きょうは新月。2月の新月は忙しいのです。 来月3月の新月は、春を前に木々はもう水揚げを始めているので、建材用、あるいは薪用に、もし今シーズン伐るんだったら、きょうの16時まで(2月10日の16時20分がジャスト新月)、ということで焦って仕事をし、ようや…

里守り(さともり)犬による緩衝帯構想

里に降りてきてしまった野生動物たちを、山に追い返す方法として、里守り犬(さともりいぬ)というプロジェクトがあり、それに参加させていただいていました。よくあるモンキードッグとの違いは、犬を訓練所に入れて仕込むのではなく、犬の「飼い主さんを訓練…

栗のイガ燃料

相変わらず、毎日、栗を拾っています。無農薬なので、たいていの栗の実にすでにクリシギゾウムシの卵が産まれていて、そのため落ちてきたらできるだけ早めに拾って、茹で、幼虫による食害を食い止めようという作戦です。 栗の実と一緒に、イガも拾います。新…

久しぶりに台風、直撃です。でも、今晩も栗仕事。

大雨で、家の基礎の下に水がまわってしまい、それが土間のコンクリートの上にしみ出してきてしまいました。仕方がないので、雨の中、外に出て、建物の周囲に水が流れ込んでこないように排水路を掘ってきました。なんだか雨のキャンプサイトみたいな状況です…

ゲリラを発見しやすくするためにジャングルをすべて枯らしてしまおうと考えた企業の話

今年のゴールドマン環境賞にはアルゼンチンのソフィア・ガチカさんが選ばれました。娘の病気に不信感をいだいた母親が地道な調査活動をはじめ、それが大統領を動かし、大統領の命令による調査で、他の地域よりも41倍も癌の発生率が高いその原因がグリフォサ…

こんなカフェ、あったらいいなぁ……その名も「リペアカフェ」!

風琴屋こと、パイプオルガン職人の吉倉さんから教えていただきました。オランダではいま、「リペアカフェ」と言う名のカフェが増殖中、とのこと。ぜひ、このページをご覧ください。 このあたりにはスペシャリストがたくさんいるから、こうしたカフェあったら…

「本当の貧乏」と「ビンボ臭い」とは、どうもちょっと違うらしい……。

ウルグアイのムヒカ大統領は「世界で一番貧乏な大統領」として知られているそうです。大統領就任時の個人資産は、フォルクスワーゲン、ただ一台。しかもそれは1987年式とのこと。つまりは(ポンコツ?)ビートルで当時の資産総額は1620ドル(約16万円)だったと…

1個で3種類が楽しめるトマト。

これは綿の畑にこぼれ種で出てきたトマトでしょ。こっちは、(阪田)まことさんからタネをいただいたマコーナ…。こっちはおばあちゃん家のトマト。きょうの食卓に1個で3種類の味比べができるというトマトが並びました。これ結構、楽しいです。 きょうは桃も収…

真夏の太陽の恵み

8月だというのに、まだニイニイゼミが全盛。高周波のようなニイニイゼミの声のスキマから、ジリジリジリジリというアブラゼミの声がどうにか聞こえてくるという感じです。たぶんいつもの年より半月くらい、季節の移り変わりが遅れている感じ。ところが、白州…

あるお客様による襲撃

夏休みだからでしょうか? このところお客さんが増えています。しかもとても素敵な生き方をしている人が多くてお話をしているだけで、なんだかうれしくなってしまいます。新しいエコロジーな生活を模索しながら軽自動車に家族6人と家財道具を乗せ、宮古島か…

土手草のぐうたら管理法

雨が降ったりやんだりしています。ただいまの気温は17度C。薪ストーブを再稼動させたいくらいの涼しさ。雨に煙ったカンゾウの花を見ていたら、ニッコウキスゲが咲き乱れる霧が峰を連想してしまうくらいの涼しさでもあります。 というわけで、畑の脇の土手で…

小麦の脱穀、やりますよぉ。

つゆがあけると同時に、ハサガケしていた小麦がカラカラに乾きました。麦畑にはえていたカラスムギ(エンバク)やムギセンノウ、それにハルジオンなんかも、一緒に刈られていて、なんとなくちょっといい感じ。 というわけで、そろそろ、小麦の脱穀をやろうかと…

極悪非道のキュウリネットの水平張り

前日まで、元気いっぱいだった大豆の苗1000株以上の葉が、たったひと晩でなくなり茎だけになってしまいました。夜の散歩のとき、畑の近くで光る目を見つけ、犬は追いかけてくれたのですが、どうも全部食べ終わったあとだったみたい。翌朝点検したら、大豆の…

太陽光発電が田舎暮らしのベーシックインカムになる?

業者が施工するタイプの太陽光発電設備は猛烈な勢いで増えているようですが、興味があるのは、自分でセルフビルドするタイプの系統連結型太陽光発電所でした。そしてついに「自分で作るマイ発電所キット」なるものが登場しました。ただ、値段がまだ若干高い…

パクチーのお祭り

畑山農場で行われた「パクチーフェスティバル」に参加させていただきました。 いま思い出しても、口の中に唾液がたまってきてしまうほど美味しさでした。 前からパクチー、大好きだったけど、これまではパクチーの本当の美味しさを知らなかったかも……。パク…

きょうから田植え、の予定だったのですが……。

きのう、土手の草刈りが終わり、きょうから田植え……の予定でした。ところが、いざ田んぼに入ってみると、オモダカがたくさん発生してしまっていました。それを抜くのにひと苦労……。そこで急遽、トラクターで田んぼの一部を耕転することになりました。 クルマ…

風薫る5月……、あなたはいまも、宝くじを買っていますか?

雨にも負ける、 風にも負ける、 冬の寒さにも負けるし、夏の暑さにも勝てない、 シカにもイノシシにも、サルにも、ジュウシホシ・クビナガ・ハムシにも勝てない。 「農的暮らし」というのはそういうものだと知りました。 でも……、楽しい! お金で買えないも…

ふきのとうの季節の地給的な暮らしの食卓考

八ヶ岳をはじめ、山梨近辺で農的生活をしている人たちが自主採種したタネによる種苗交換会が明野の総合会館でありました(参加メンバーの多くは、白州&小淵沢だったけど、ここはタダで会場を貸していただけるのです)。 写真はこの地域の農的生活者の重鎮、三…

新月伐採とひこばえ、シロスジカミキリの成虫越冬

今月は22日の朝が新月でした。2月の新月を逃すと次は3月。3月になると落葉樹は根から水をあげ始めると言われています。そんなわけで、22日の新月までにこの冬、伐採しようと思っていた木をできるだけ伐りました。 ↑直径約20cm。10年前に苗木を植えたクヌギが…

ユンボで雪かき

我が家は山すそにポツンと一軒建っていて、周囲に家はありません。そんなわけで雪が降ると、幹線道路まで、自分で除雪する必要があります。こんなときこそクルマを捨て、どこにも行かずに家に閉じこもっていたいところですが、父が透析患者なので雪の日でも…

氷点下5度、シカ出没多し、でも、まだ、どうにか、かろうじて、青菜は健在

シカ、サル、イノシシ、アナグマ、アライグマ……、毎日のように野生動物の襲撃を受けてはいますが、優秀な里守り犬のおかげでどうにかまだ青菜は健在。犬の方でも我が家の畑の境界をよく心得ていてい、深追いをせず、ぐうたら農園をしっかり守ってくれていま…

電気を使わずに、楽しくタイヤ交換する方法

見てください! この十字レンチの回転スピードを……素人の小娘のくせに! 最近はエアツールが普及していて、どこのタイヤショップに行っても「シュー、ガタガタガタガタ」といって誰でも簡単にホイールナットを緩めてしまいます。でも、昔は十字レンチという…

命のめぐる堆肥小屋

コンポストのことを、「命がめぐる堆肥小屋」と表現したのは、パーマカルチャーデザイナーの四井真治さんですが、ウチにも「命のめぐる堆肥場」あります。 写真は、その堆肥場からの今年の収穫物。今年も色とりどり、形もさまざまなカボチャが収穫できました…

この土地で友とともに「ぐうたら農」をしながら暮らしていける幸せ……

雲に遠近感があって、しかもまるで綿菓子のように立体的に見える朝でした。台風が空気中のチリをきれいに洗い流してくれたようです。311の前だったら、この秋の澄み切った空気、素直に喜べたのだけど……。 雨がたっぷりと降ったので、畑では秋冬野菜が芽を出…

モノを最後まで使い切る暮らし 「手袋編」

穴の開いてしまった手袋の補修方法です。 ↑うわっ、穴が開いてしまった。 ↑切れにくい薬指を使った、ニコイチ作戦。 ↑思いのほか、快適。手を洗うとき指サックを取るのを忘れしまうほど! 脱着を考えると接着剤で着けないほうがたぶん正解。 接着しなければ…