天ぷら廃油自動車

カーボンニュートラルな給油所?

ピカレが、ライブツアーの途中、寄ってくれました。彼は各地で行われているライブに、天ぷら廃油を燃料としたクルマでまわっています。その給油がてら寄ってくれたのでした。 ↑軽油タンクと天ぷら廃油タンクをそれぞれ積んでいて、軽油で始動し、エンジンが…

自動車のエアクリーナーを使った天ぷら廃油のろ過装置。

このところ、天ぷら廃油カー(BDFのように精製の必要のないSVO)に乗る友達が増えていて、ろ過装置について聞かれることが多いので、我が家のろ過装置をブログで紹介させていただくことにしました。 とは言っても、こんなアナログで原始的なものですが。…

「時速15キロの楽しみ方」・テーラーの天ぷら廃油化

OT141号に「時速15キロの楽しみ方」と題して、テーラーの記事を寄稿させてもらいました。 ↑ 我が家のテーラーはディーゼルなので天ぷら廃油で動きます。現在、薪運びに大活躍中! ↑エンジンの始動はクランク棒。単気筒400㏄のエンジン(我が家のジムニーよ…

天ぷら廃油自動車の「寒冷地仕様」①

BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル:注1)のように精製していない、天カスを取り除いただけのストレートの天ぷら廃油を燃料とする天ぷら廃油カーの寒冷地仕様?のお話です。 ↑いまはこんな感じ。気温が高いこともあって調子よく天ぷら廃油で走っており…

波瀾万丈……天ぷら廃油ジープのその後。

新品のガスケットだからと、安心して液ガスを塗らずに組んだら、排気がジャジャ漏れでガレージ内で発煙筒を焚いたようになってしまったり……、 ↑写真は、半日がかりで組んだエキゾーストのフロントパイプを再び外し、ガスケットに排気用高温型液体ガスケット…

J36・エンジン換装

手伝ってくださった皆さん、ありがとうございました。 (手伝ってくれた、というよりも主体になってどんどん作業をしてくれて、助けてくれたみなさん、ありがとうございました!) ビールの空き缶を開いて、排気管用のガスケットを作ったりしながら、作業の続…

小口さん、山本さん、ありがとうございます! ついに動き出しました!

化石燃料を使わない実用車、ということで娘がかねてから欲しがっていたディーゼルテーラー。地元集落の山本さんから連結するトレーラーをいただき、そしてOT読者の小口さんから、ディーゼルティラー(耕うん機)をいただき、ついに動き始めました! ロータリー…

満月屋、岩本さんからの業務連絡

天ぷら廃油の師匠、岩本さんから、以下のような業務連絡が入ったので、天ぷら廃油自動車のことを知る上で参考になりそうなので、公開でお知らせしてしまいます。 いつもお世話になっております。 満月屋・岩本です。 実はわたなべさんのブログをみた群馬のS…

捨てられてしまうものに価値を開く人たちの集い

何日か前に和歌山の岩本さんから電話がかかってきたのでした。 「新潟に地域循環型の樵(きこり)を目指している鈴木さんっていう面白い人がいるんだけど、その人のボンゴを天ぷら廃油仕様に改造することになって……ちょうど中間地点にわたなべさんちがあるんで…

最近の若いモンは……カッコ良すぎる!

三宅洋平(緑の党)と安倍晋三、言っていることひとつひとつが、ほぼ180度、違います。でも残念ながらいまの日本の首相は安倍晋三。三宅洋平だったらどんなに良かったか……夢に見そうです。 時間のない人は12分頃から彼の話が始まるのでせめてそこだけでも聞い…

非電化燃料ポンプと追加インジェクターもどきの追加

久しぶりに天ぷら廃油ジープのお話です。 我が家の天ぷら廃油ジープは、精製したバイオディーゼル燃料ではなくて、天かすを取り除いただけのストレートの天ぷら廃油で走っています。とはいえ、燃料の天ぷら廃油をエンジンの余熱で暖めているだけで、それほど…

きょうから田植え、の予定だったのですが……。

きのう、土手の草刈りが終わり、きょうから田植え……の予定でした。ところが、いざ田んぼに入ってみると、オモダカがたくさん発生してしまっていました。それを抜くのにひと苦労……。そこで急遽、トラクターで田んぼの一部を耕転することになりました。 クルマ…

軽トラ、ディーゼル化(天ぷら廃油燃料化)計画の亜流

以前、WVO仲間(天ぷら廃油でクルマを走らせている仲間)で、「軽トラのディーゼル化計画」(天ぷら廃油燃料化)というのがあって、ちょっと盛り上がっていました。でも日本は改造車、特にディーゼルへの改造には面倒なことが結構たくさんあって、いつの間に…

あの311から6か月……911八ヶ岳パレード

3か月前の611のパレードの際、不覚にも遅刻してしまったのでした。611では超小型太陽光発電所?を先頭にパレードの行進をしてくれる、ということになっていたのに、その太陽光発電カートの到着がパレードの出発に間に合わず、スタッフの方に迷惑をか…

原発事故で分かった5つのこと。

①原発は発電時、CO2は出さないかもしれないけど、放射線は出している。 ②東大の先生は案外ウソつき……(京大の方が信用できる)。 ③テレビもラジオも新聞も、役員のほとんどが電力会社の関係者。 ④原発の発電コストは決して安くない(ソーラーの方がはるかに…

震災関連14 天ぷら廃油自動車の活躍

岩手県花巻市の自然農園ウレシパモシリを拠点として、山田周生さんを中心に、小出さん、越野さんがドライバーとなり、いま4台(BDF車×2台、SWVO車×2台)の天ぷら廃油自動車が活躍してくれています。毎日とてもハードな仕事ではあるけれど、みなさん、…

震災関121 天ぷら廃油自動車の活躍

少し前にWVOの仲間から、電話がありました。大船渡からでした。WVOというのは「ウエスト ベジタブル オイル」の略です。天かすをとりのぞいただけのストレートの天ぷら廃油を燃料として、クルマを動かしている仲間たちがいます。被災地では、化石燃料…

天ぷら廃油のろ過装置の改造

まだ桃の花のつぼみは固いけど、梅がちらほらと咲き出し、ふきのとうのペペロンチーノが食卓にのぼるくらいの春になってきました。 気温はあがってきたというのに、なぜか天ぷら廃油のろ過速度は悪くなってしまいました。我が家のポンコツジープは天ぷら廃油…

油田でお食事 「マタギ汁定食」と山の生態系

締め切り真っ最中でしかもお腹のすいているときに限って、仙人から電話がかかってきます。「早く来おーい、油をみんなクマに食われちまうぞぉー」と。そのたびにあのキノコの天ぷら(山盛り)定食を思い出し、それを顔の先にぶらさげたニンジンにみたてて仕事…

No Nukes キーコーヒースペシャル?

↓JEEPのエンブレムの上にあるバッヂに付いて問い合わせいただきました。これは、広島の秦さん、石岡さんたちが作られた、上関原発に反対し、祝島を応援する「七色のカヌーとスナメリくじら」のバッヂです(収益は全額寄付)。小さいけれども素敵なデザイン、No…

天ぷら廃油で走るトラクター

我が家では一番最初に、天ぷら廃油で動くようになった機械はトラクターでした。これは天ぷら廃油で走り始めた直後の頃の画像。おー、娘がまだ若い……! (写真は排気管の先端部分に白い布を被せて、軽油の場合との排気の汚れの違いを観測しているところ。ちな…

小麦のタネまきと権兵衛

北からジョウビタキが渡ってきました。ジョウビタキはムギマキ同様、麦播きの生物指標として知られ、「ジョウビタキが渡ってきたら麦をまくといい」と言われています。今年こそは遅れないようにタネをまこう……と、心にかたく誓っていました。昨年はタネまき…

リンゴとハーレーとラジエター

ジープは商用車なので車検が毎年やってきます。でも、車検も自分でやると費用をかなり抑えることが出来ます。最近は1万円台で車検を取ってくれる業者もあるようですが、自分で車検に行けば検査代は1300円。自分でやれば、お金はそれほどかかりません、でも手…

ナチュラル・アスピレーション

かつて、ターボやスーパーチャージャーなどの過給器が全盛だった頃の話。こうした過給器を使って燃料を無理やり押し込むエンジンに対して、過給器を使わない自然吸気のエンジンのことを、NA=ノーマル・アスピレーションと呼んでいました。過給器を使えばエ…

買ってはいけない? 「ワンウェイバルブ」

天ぷら廃油(WVO)のメーリングリストで、ワンウエイバルブはどうやって手に入れたらいいか? という質問があったので、私が以前作った「かなりインチキ臭いヤツ」をここで紹介させていただきます。 必要な材料は、適当なホースエンド(タケノコジョイント)…

天ぷら廃油の濾過装置

我が家のポンコツジープ(77年式J36)は、天ぷら廃油を燃料として走っています。燃料を暖める装置を自作することで、植物油をベースに精製したBDF(バイオディーゼルフューエル)と異なり、ストレートの天ぷら廃油(SVO)を燃料としています。熱交換器を自…

断捨羅ない選択 「一斗缶で遊ぶ」?

モノをため込まず、いさぎよく捨てて、少ないもので気持ちよく暮らす「断捨離」という(片付け術の)本が売れているそうです。でもどうも、我が家の生活はこれの逆、断捨れない生活が続いています。モノやコトに執着し、廃車や廃材、それに粗大ゴミなどのガラ…

●買ってはいけない? 「トルクレンチ」編

以前問い合わせいただいたので、ついでにこれも紹介します。 スタッドレスとのタイヤ交換で必要となるトルクレンチです。 トルクというのは、たとえば10kgmだとすると、 作用点から1m先に10kgの力を加えたときの力量(力のモーメント)になります。 ↓だから…

油田でお食事?

久しぶりに畑に出ました。しばらくご無沙汰だったので、やりたいことがたくさん。台風の風で倒れてしまったピーマンやグリーンチリを支柱にしばりなおしたり、おいしい秋ナスがたくさん獲れるように枝を切り戻ししたり……。 山から切ってきた竹の支柱は美しい…

廃材で建てる進化型掘っ立て車庫

あまりにゆがみがひどくて大工さんから見捨てられたツーバイ材や、中古の単管パイプを使って作る「簡単便利な掘っ立て車庫」というのが、やっとどうにか形になりました。 思いのほか時間がかかってしまったのは、廃材の波板だけでどうにか間に合わせようと、…