原子力のこと

「原子力と薪」 ……アジトのおんどる 

パイプハウスの土間に穴が掘られています。薪の焚口があり、そしてその先に板の間があり、オンドルになっています。これは韓国のアジト。ゴリ原発の電気をソウルに送るための鉄塔建設に反対する人たちが築いたバリケードに併設されたパイプハウスの室内です…

NHKの会長が偏向報道是正を表明!

ネット上、マイクロソフトのニュースページに「NHK会長が偏向報道を是正する考えというニュース」がトップニュースとして流れています。 政府におもねった情報操作&偏向報道の多さに自主退職者が増え、NHK会長もついに決断したのか? と思ったら、驚…

汚染水の問題、そしてフクイチの現況、かなり深刻なようです。

かなりあっさりと報道されていて、それほど深刻なことではないように受け止める人が多いようだけど、レベル3の放射性物質の流出(広島原爆が撒き散らし放射性物質の量とほぼ同規模)は予想以上に深刻な事態であるように思います。 これがすでに終わったことだ…

ならずもの国家とその指導者たち

イラクや北朝鮮に対して「ならずもの国家(Rogue State)」と言うことば使ったのはブッシュだけど、この表をみていると、なんだか、「ならずもの国家」と「平和を希求する国々」との対比図のようにも見えてきます。 驚いたことに、ことしの4月に開かれた核不拡…

配電盤の事故は、実は東電からのメッセージなのではないだろうか?

現場作業員の方のつぶやきを見ていると、なんだか今回の配電盤の事故は、東電からしてみれば十分に想定内で、東電は起こることを想定し、ちょっとうがた見方をすれば、自民党政権になってますますひどくなってしまった現場環境を、東電は国民に訴えたかった…

「前言撤回」……そんなに簡単に、覆してしまっていいのだろうか?

ニュースをやっと見つけることができました。テレビで伝えたのはFNNだけ? メディアはこんな大切なことを、もっとしっかり伝えてほしい。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130213-00000449-fnn-soci 山下氏はチェルノブイリでの甲状腺が…

熱電対温度計の秘密のつづき

おしどりマコさん、ホント、がんばってくれています。 しかしそれにしても、東電というのはどうしてこうまでして、罪をひとり占めしようとしてしまうのだろうか? メルトスルーという最悪の事態に至ってしまっているわけだから、もうここまできてしまったの…

熱電対温度計の秘密

これがいま、一部の人の間で話題になっている熱電対というタイプの温度計です(情報公開が進まず、一部の人の間でしか話題になっていないことは問題でもあると思うのですが)。 昔、スバル360という空冷エンジンのクルマに乗っていました。空冷エンジンとい…

グッド バイブレーション?

いま廃バッテリーの再生をいろいろ試しているのですが、思いのほか、効果がデータとして現れず、ちょっと落ち込んでいます。で、ちょっと良さそうだったのが、極板にパルスを掛けた状態でバッテリーを振動させる方法……とはいっても、超音波振動機なんて持っ…

命を賭して「東京放棄」を回避した男のこと……。

今回の原発事故はギリギリのところで、実はこれでもまだ運が良かったのではないかと思っています。メルトダウンはしてしまったけれども、現場の作業員の方たちの決死の努力でベントは間にあい格納容器の爆発はまぬがれました。彼らが死を覚悟の上で頑張って…

478万μシーベルトと希望の動画

これは東京電力という会社が今月28日にひっそり公開した資料です。三号機の建屋内部の線量のデータで、昨年の11月に比べて3倍以上、しかも4780という数字はマイクロシーベルト/hではなく、その1000倍のミリシーベルト/hです。放射線による短時間被曝での5…

福島原発告訴と朝日新聞の記事

何年か前に、きのこのほだ木への散水設備というのを作りました。それ以降、たくさんきのこが採れるようになったのですが、今年の秋は、その散水設備をセットしていません。しかしそれでも、雨が降るたびに食べきれないほどのきのこが発生しています。きのこ…

いくつか気になるニュースがありました……。

クリタケが最盛期を迎えるというのに、いくつか気になるニュースが入ってきました。鳴沢村(山梨県)のショウゲンジやシロナメツムタケがセシウムの基準値を超えてしまい、その周辺地域、富士山麓のきのこを急遽測定したところ、富士吉田のアカモミタケ(150ベ…

きのこの季節

松の木の林床にアカハツが出る季節になりました。このきのこ、独特の香りがあって、炒めるととてもいいうまみがでます。細く切って炒め、香りが出たところでライスを混ぜ、最後にバターとお醤油をちょこっと垂らすと、最高のバターライスが出来上がります。 …

7世代先の人たちは、いまを生きる人たちにどういう決断をして欲しいのか?

このところなんだか、時間の流れるスピードが加速しているように感じられます。歳と共に一日にできることの量が少なくなり、そのために時間の流れが速くなったように感じられるのかもしれません。本当はひとつひとつていねいに書きたいことなのだけれど、こ…

こんな悲劇を二度と起こさないために、いま我々にできること。

いま、国会では「原子力規制委員会」という名前の「脱原発派規制委員会」が出来ようとしています。 忙しい時間を裂いてこんなにも多くの人たちが、首相官邸前をはじめ各地で原発反対を訴えているのに、政治家たちはそれを騒音としか受け止めず、原子力ムラの…

武器を作って、それを使わせることでなりたっている経済

↑クリックすると、少し大きくなります。 世界には資本家と呼ばれる猛烈なお金持ちたちがいます。彼らはいまの「猛烈な金持ち」という状態から退くことを極度に恐れているようです。彼ら自身が独裁者と似たような側面を持っているので、いまの地位から退くこ…

「本当の貧乏」と「ビンボ臭い」とは、どうもちょっと違うらしい……。

ウルグアイのムヒカ大統領は「世界で一番貧乏な大統領」として知られているそうです。大統領就任時の個人資産は、フォルクスワーゲン、ただ一台。しかもそれは1987年式とのこと。つまりは(ポンコツ?)ビートルで当時の資産総額は1620ドル(約16万円)だったと…

政治家のプロ意識とプロパガンダ

政治家というのは、政治のプロではないかもしれないけど、どうしたら世論を動かせるだろうか? ということは常に真剣に考えていて、プロパガンダに関してはプロであるように思います。特にアメリカの政治家には、バックにそうしたプロパガンダの専門家やエー…

「原子力規制委員会」という名前の「原子力推進委員会」

「暴走族のリーダーが暴走族取締り本部の本部長になるのと同じ」と言われるくらいにひどい原子力規制委員会の人事ですが、でもこれ、暴走族のリーダーに対して失礼です。暴走族のリーダーの多くは、(原子力ムラの住人のように)「金」や「個人の利益」を判断…

デモも大切だけど、パブリックコメントでの意見表明も重要!

野田首相に「原発の是非は国を二分している……」などと言われないためにも(脱原発を願う人の方が圧倒的に多くて二分などしていないように思う)、デモに参加することも大切だけど、政府に直接、有効に意見を届ける方法としてパブリックコメントで意見をしっか…

官邸前デモ、報道された参加人数

6/29 首相官邸前デモ 上空ヘリコプターからの空撮映像 石井麻木撮影 ツイッターを見ていたら「インターネットメディアが陸から、空から、編集のない今を世界に発信した」というつぶやきがあり、とても印象的でした。 ●6月29日の官邸前デモの報道人数●(ブ…

官邸前のあじさい革命、賛同します!

いくら人が集まって抗議しても、NHKは報道してくれないので、ならば自分たちで伝えよう!と、広瀬隆さんが自腹でヘリをチャーターし、岩上チャンネルなどを使って報道してくれるようです。 たくさんの人が集まったとしても、暗くなってしまうと空からは見…

世界に誇れるこんな首相のいる国に暮らしたい……

生態系ピラミッドの頂点に立つといわれるスズメバチですが、でも、スズメバチにもスズメバチネジレバネという寄生虫がいます。そしてこのネジレバネという寄生虫、とても不思議な能力をもっているのです。宿主から栄養をもらうだけでなく、宿主の性格を変え…

外国特派員協会による記者会見でないと本当のことを暴露できないという事実

滋賀県知事は、なぜ態度を180度急変させざるを得なかったのか? 日本の大手メディアはそれを積極的に報じることをせず、現在の日本では、外国特派員協会による記者会見でないと、それを暴露することもできないという事実。ちょっと驚きました。 『滋賀県知事…

どんなバラエティ番組をも凌駕する、最高に笑えるコメディ映像の紹介です。

増税したらその分は、みんなシロアリに食べられちゃうらしいです。 権力さえ、手中に収めることが出来れば、どんなウソでもつく、 それが日本の政治家の実像なのではないか?と本気で心配になります。 こんなメチャクチャな嘘つきに、 我々は原発に関しての…

ストレス検査の結果、多くの原発は急冷(緊急冷却)できないことが分かっている。

圧力容器の内部に仕込んでおいたテストピースの検査結果から、高浜原発の脆化(ぜいか)遷移温度はなんと、95度Cだったとの発表がありました。氷点下95度ではありません。プラスの摂氏95度Cです。 これは地震などが起こった際、緊急冷却により急冷したら、圧…

ミサイル発射と幸せの経済学

まるで再稼動への動きをカモフラージュするかのように延々と人工衛星(ミサイル?)のニュースばかりやっていて、4号機の燃料プールの冷却ができなくなっていたというのに原発関連のニュースをここまで無視されると、「日本政府がマネーゲームでの利益確保を担…

ただ運が良かっただけ……これを見たあとでも「再稼動」なんて言えるのだろうか?

BBCによる検証番組です。初めて見る映像も多く、かなり衝撃的です。これを見ると、今回は本当に運が良かったということが分かります。再稼動に当たって、津波による電源の水没ばかりがクローズアップされていますが、大きな燃料タンクがゴロゴロ流れてい…

日本のメディアの限界……。

ドイツの2DF(ツェット・デー・エフ=公共第二放送)が作った報道番組を紹介させていただきます。ドイツ文学者の池田香代子さんが絶賛している番組でもあります。 最近の朝日新聞の広告(当然のことながら電事連系の広告はひとつもない)を見ると分かるのです…