完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


世の中のこと

毎日飛んでるオスプレイよりも危険な飛行物体が沖縄の上空を通過したらしい……。

国道近くの共同ポストまでしか新聞を配達してもらえないので、氷点下の中、スーパーカブに乗って新聞を取りに行ってきました。耳がちぎれそうに痛かった……。 で、苦労して取りに行った新聞の一面トップ記事がこれでした。一瞬あっけにとられ、雪の残るポスト…

メディアの種類によって流れてくる情報が大きく異なります。

NHKのニュースではどんな風に報道されているのだろう? ちょっと気になったので、久しぶりにテレビをつけてみました。一ヶ月ぶりくらいだろうか? ある程度、予想していたことではあるけれど、ネット上(特に本名で情報を発信&共有しあっているフェイスブ…

ゲリラを発見しやすくするためにジャングルをすべて枯らしてしまおうと考えた企業の話

今年のゴールドマン環境賞にはアルゼンチンのソフィア・ガチカさんが選ばれました。娘の病気に不信感をいだいた母親が地道な調査活動をはじめ、それが大統領を動かし、大統領の命令による調査で、他の地域よりも41倍も癌の発生率が高いその原因がグリフォサ…

武器を作って、それを使わせることでなりたっている経済

↑クリックすると、少し大きくなります。 世界には資本家と呼ばれる猛烈なお金持ちたちがいます。彼らはいまの「猛烈な金持ち」という状態から退くことを極度に恐れているようです。彼ら自身が独裁者と似たような側面を持っているので、いまの地位から退くこ…

もっとたくさん、伝えてほしかった‥‥。

多くの人が興味を持っているオリンピックやワインのことを話のきっかけにして、やわらかい語り口ながらも紛争地の現状報告へと話題をつなげる深いレポートを書いてくれていた山本美香さんが亡くなられてしまいました。朝日新聞の山梨版に連載されていたコラ…