完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、
そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。
自給「知足」的な暮らしは言いかえると「貧乏臭い・ケチ臭い暮らし」でもあります。

でも「ケチ臭いビンボー暮らし」も、そう捨てたものではありません。
ビンボー暮らしは、お金をそれほど必要としない暮らしとも言えます。
そのため、お金稼ぎの作業や仕事に長時間、拘束されずにすみ、
その分の時間を、ヒトが暮らすための作業に使うことができます。

農的でていねいな暮らし方が可能で、身近なところで幸せを感じることができたりもします。
また、昔ながらの農的な暮らしは、ヒトも一種の哺乳類として自然の生態系の中で
他のいきものたちと共に生きる暮らし方だったりもします。

そして、こうしたテキトーでいー加減な自給的な暮らしをうまくやっていくポイントは、「知足」? 
人間の欲望は際限がなくて、いくらお金を得られたとしても、たぶんいつまでたっても満たされません。
でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。

日々の暮らしの中から「自給知足的な暮らし」を楽しむためのヒント? 
のようなものを、紹介できたらいいなぁ、と思っています。どうぞ、よろしく。


2011-03-16から1日間の記事一覧

地震情報7 山梨&全国各地の放射線量の公開とキジの地震予知能力

山梨県大気水質保全課の河西さんから連絡をいただきました。 「現状では、リアルタイムのデータ反映はできないけれども、平常値である限りは、3回/日でしばらくは継続的に公開させていただきます」とのこと。 また「平常値の約2倍、0.1μSv/h以上が観測さ…

地震関連6■被災地での重機用燃料について■

被災地の燃料不足が深刻なようです。ディーゼルエンジンの車両に関しては、軽油や灯油に、植物油(天ぷら廃油など)を最大半分くらいまで添加しても、(植物油用の改造が施されていないエンジンであっても)特に支障なく動きます。ウチのユンボは、(古いエンジン…

地震関連情報5

白州はきょうも晴れ。窓の外の林の中、カケスが青い羽をちらつかせながら盛んに落ち葉をつついています。その向こうには白いお尻のシカが、キョトンとした表情でこちらを見ています。目の前にはこんな平和な風景が広がっていますが、その一方で原発の現場近…